HOME > 音気楽ブログ > アーカイブ > 2016年9月

音気楽ブログ 2016年9月

本日はこちら

銀座のバーBarbraで
今日は初めてオーナー麻見さんとステージです
楽しんできま~す

14456825_1182730198449787_1673068905_o.jpg

無名な「町のミュージシャン」@麹町PACO

昨夜はポツポツ雨も降ってきたりした中
駆けつけてくださった皆様
ホントにホントにありがとうございました!!

今回は珍しく何人か生徒さんたちに声をかけたら
お客さまの半数が生徒さん
8割が楽器や歌をやる方になって
先生としては
変に緊張するような・・・・
はたまた喋り始めたら、二人ともレッスンでしゃべってるのと同じになってしまった・・・・

yuka&chiggyPICTURE.jpgPACOならではのあの空気感

ホントに小さい箱なので
ステージというより
喋りながら「じゃあやってみるね」って音を出す
そんな空間に生徒さんばっかりだと
ますますレッスンみたいな気持ちに・・・
「この曲だって、こんな感じで演奏したら・・・ほぉら、楽しいでしょ!」
「おっと、今やばかった~!こいつは難しいんだよ~。」
みたいな、、、
う~ん、全然上手く表現できないですが。。。。

しかもDUOという一番シンプルで一番自由度がある形で
色んなジャンルを表現しました
生徒さんにとっても刺激になったかなぁ。。。
なってたらいいなぁ。。。と思いながら

普段のレッスンでは
時間制限があるから
あまり雑談もしていられないけれど
昨日はみんな食べながら呑みながら
yuka先生とchiggy先生とはもちろん
普段あまり会わない生徒さん同士も沢山団らんできて楽しかった~!!

生徒さんたちにとって私たち先生は
一番身近なプロミュージシャン
普段はビル・エヴァンスやキース・ジャレットや小曽根真や、その他、超一流のミュージシャンのCDを聴いたり、コンサートに行ったりしてるであろう生徒さん達。でもいざ自分が真似して弾こうと思っても、あまりにも遥か彼方の方々なので、現実問題、全然参考にならないんですよね~(私もそうでした・・・)

そこで、yuka & chiggyの登場!!

私たち、無名な「町のミュージシャン」ですが・・・・

雲の上のミュージシャンたちと生徒さんたちや漠然と音楽が好きなリスナーさん(つまり、ジャズオタクとか自称評論家とか、聴き倒している人々ではない、という事ね)の懸け橋となって、ジャンルにとらわれず、良いと思った曲を、かみ砕いて分かりやすく表現していく事をモットーに活動しております。

そして、昨日集まってくださった皆様、きっと私の生徒さんでなければ行かなかったであろう麹町PACOで
偶然集ったみんなが仲良く話して
マスターの美味しいお料理にも出会って
yuka & chiggyのやりたい放題のライブを聴いて
そのまんまトークで爆笑して

ホントに素敵な夜でした!!

次回は11月19日(土)
今回来られなかった方、いらした方も、ぜひぜひお越しくださいませ!!




子どもはたくましい?の続き

そんな状態で一日が始まるので、気が乗らなければその状態を引きずることになる。自営業なので、ますます自分に「甘く」なる。勤め人時代は、そんなことを言ってるまもなく、動く歩道にのってるような感じでスケジュールがどんどん進行していく。今の私は自分に都合のいい方向へむいちゃうんだなー・・・結局その「つけ」は全部帰ってきちゃうんだけど!

所で、そのサクサク進んでいく、行ける原動力は何かというと、ズバリ「体力」です。パワー!強靭な精神は強靭な肉体に宿る!でしたっけ?とにかく、体力があれば殆どの事がクリアーできる。知識と知恵だって必要でしょ!もちろんそうです。が、基本、体力がなかったらただの机上の空論になってしまったりする。大黒柱みたいなもんなんだなー、体力という物は!
子どもは体力の塊みたいなものです。だから邁進できるんでしょうね!うらやましい。「落ちた」分が言い訳や愚痴でカバーするようになるんでしょーねー。

いま、私に必要なのは、「体力」の回復だー!



ドラム!ドラム!ドラム!

今年は音気楽工房祭、初登場の先生がいらっしゃいました!
それは、、、

ドラムの「金井塚 秀洋(ひでひろ)先生」です!
IMG_3042.JPG

工房祭では、とーっても親身になって、生徒さんのことを考えてドラムを叩いてくださいました!

ドラム叩いている時とーっても良い表情!ドラムが大好きなのですね☆

IMG_3041.JPG

目が "♡" になっていた生徒さんもいましたが(笑)
子どもにも優しく、とっても素敵なドラムを叩いてくださる先生です。

ドラムやってみたいな〜とお考えの方はぜひお問い合わせ下さい♪

20160919_okiraku_6652.jpg


明日は麹町PACOライブです

音気楽工房祭が終わって
バタバタの毎日が過ぎています

馬車道Me Gustaと
野毛JUNKと
セッション二つ

14440787_908293279301149_4985732947098102802_n.jpg

アマチュアヴォーカルさんのサポート

14440801_1150629091683110_4192701459652450201_n.jpg

それぞれお越しくださった皆様ありがとうございました

そして音気楽工房のレッスンに
ゴスペルレッスン三つ
週末からの怒涛の5日間が終わり

明日は楽しい楽しいライブです
今回2回目の麹町PACO
お料理も絶品です
ぜひぜひお越しくださいませ!!

麹町パコ~yuka & chiggy Live 
♪HP http://jazzspotpaco.blog100.fc2.com/
♪Date 9月28日(水)
♪Place 東京都千代田区平河町1-6-11エクシール平河町102
♪Tel:03‐3221‐1780
♪Time 1st 19:30~ 2nd 21:00~
♪Member Fl.Vo.千装智子(chiggy) Key.Vo.幡野友香(yuka)


子どもはたくましい?

毎日毎日天気が変わります。昨日と同じ日はない。朝、晴れていたと思ったら午後から雲が出始めた。夜は雨になった。一日のうちでもころころ変わっていく。どんな状態の中でも、おそらく子供は適応していきます。いけてるように見えます。何歳くらいまでだろね?

大人は、少なくとも私は適応できません。毎日毎日違った朝を迎える。目覚め方、起き上がり方、呼吸の仕方、歩き方、・・・全て違う。一言で言うと、体調が毎日違う。従って、精神も毎日違う。従って行動も、些細な行動も毎日違う。大げさに言うと生き方がその出発点から毎日違うので面食らう。まず自分に「ご機嫌伺い」をして、何をしたいのかどう過ごしたいのかを相談する。なかなか決まらないと大変困る。一日の始まりからサクサクとやるべきことをこなしていくわが子にならい、とりあえず手足をうごかしてみるものの頭がついていかない。



行っては(言っては)みるもんだ、やってはみるもんだ

40年間、素通りしてきたお店があります。プラモデルなどを扱う「模型店」で、入口が暗くて何となく入りにくい感じ。道路沿いであって駐車場がない。マニア歓迎、素人お断りみたいな雰囲気。と、様々な理由でしょっちゅう通りかかるのに入れなかった。私、模型店とか結構好きなんです。子供のころもよく通ってました。もっとも、高価なものを買うお金などなく、工作用のモーターとかバルサ板とかを仕入れに?行くんです。飾ってある輝く模型は憧れるだけの夢の世界でした。

3日前、とうとうその模型店に足を踏み入れたのでした。きっかけは、息子です。8歳になり「トイザラス」では満足できなくなり、そろそろ本格ホビー界デビューかな・・・という状況で、どこ行こうかなと思い「ふ」と思いだしたのがその40年・・・の模型店。息子を先頭にドアーを開けて突入!案外すんなり入れました。(息子よありがとう)。
「いらっしゃい―」という女性の優しい声!えーっ!でした。無愛想な鼻眼鏡の猫背のおっさんににらまれるか・・・と思ってた。女性と言っても60代後半のおばちゃまでしたけど、とにかく明るくって優しそうですっかりうれしくなっちゃった。模型店に女性がいるとは想像だにしなかった。いろいろお話して、息子の希望に合うようなものを探してくれました。あー、とにかく行ってみて、言ってみてよかったー。40年間の苦悩から解放されました。

私共の音楽教室の入会案内を握りしめて、店の前を行ったり来たり。3年たってようやくドアを開けました!という生徒さんがいらっします。やはり相当抵抗があったようで、ここはうまい人しか来ないんじゃないだろうか・・・わたしみたいな初心者は・・・と悩み続けたそうです。意を決して?ドアを開けてよかった!とおっしゃってくれました。

受け入れる方は「えーっ、そんなことで・・・」なんですけど、入る方はやっぱ勇気がいることが多いんですね。そんな雰囲気を漂わせてしまってごめんなさい。反省!改善いたします。
そして、この入ってきてくれた生徒さん、ピアノに挑戦してくれていますけど、曰く「やってはみるもんだ!」

ピアノレッスンで

お猿のできあがり!

IMG_3071.JPG

今日レッスンに来た2歳半の子の作品です。
もちろんお母様のお手伝いもありましたが、ピアノを聞きながら
お気に入りのペンで丸を書いたら、お猿さんができあがりました笑
2歳半にしてクリエイティブですね♪
毎週「おじしゃんのピアノ(おそらく社長のこと)に行く」と音気楽工房に来るのを楽しみにしてくれています。
将来どんなピアノを弾くようになるのかな?先生楽しみです☆

友達っていいね

いつも宿題をやってる時は
泣いてるか、怒ってるか、という我が子

しか~し
今日は学童に行かず
近所に住んでるお友達を連れてきました
彼もご両親が共働きでいつも学童
そんな彼のお母さんと約束して
今日は二人とも学童をキャンセル
放課後一緒に遊ぶ約束をしました

二人とも学校から直帰することがほとんどないから
テンション高いのなんのって

そして宿題までこの調子

P1010603 (2).jpg

仲良く二人並んで
あっという間に書く宿題終わり
只今二人そろって音読中

かわいい~

やっぱり友達っていいね

個性とは?

「私、他人と同じはいやだなー」・・・とかおっしゃっている方、多いですよねー。着る物、食べ物、住まい、車、旅行などはもちろん、総じてライフスタイルが人と同じじゃいや。生き方がそのものが全く違うのよ!とまで言ったりする。

確かに個性的なかっこしてたり、個性的な家に住んでたり、個性的な食べ物だったり、あるいは個性的な意見だったり・・・
けど、それってどこかで見たり聞いたりしたものでしょ!なんか参考になるものがあったんでしょ!オリジナルであるかのように見えますけど、結局なんかのコピーなんだよなー。手短なとこで言うと、雑誌に載ってたんだよねー。「今」とか「これから」とか「誰もやってない」、とか書いてある。よっしゃー、これだー。これで個性を主張してやるー!

それのどこが個性やねん。みんな同じこと考えとるわ!そいでもって、意気込んで外へ出てみると、みんなおんなじかっこ!あれあれ、どいつもこいつもあの雑誌に載ってたかっこそのままやん。なんか照れくさいのか、そっぽ向いて歩いている。心のうちでは「あの人、私の真似してやーねー!」とか思ってるんです。

そもそもあんたが誰かの真似して、それが早かったか遅かったかの違いだけでしょ!で、マー「自分で始めた」と、言い張るんでしたらそれでもいいんですけど、それが受けないとか、批判されるとかとかすると、もうしぼんじゃうんですよね。やっぱ皆さんと同じで普通が落ち着くか―・・・

特に日本は個性が育ちにくい土壌ではあります。個性的であることが罪悪のように言われた時代もありました。農民共同体であることがルーツでそんなDNAを引きずっていますので、あまり無理をしないで、マーみんなと同じでいいんじゃないんでしょーかー・・・

けど、私だけは「個性的」です!たははは・・・・

1234

« 2016年8月 | メインページ | アーカイブ | 2016年10月 »

このページのトップへ