HOME > 音気楽ブログ > アーカイブ > 2018年3月

音気楽ブログ 2018年3月

どこのこのキノコ♪

な~んて歌がありましたね・・・
悠生くらいの子供がいる人しか分からないと思いますが・・・
先日帰って来た悠生のコンクール作品

う~ん
良い絵だと思うけど
コンクールはやっぱり音楽と同じで難しいね
審査員の好みもあるしね

ドンマイドンマイ!!
さて
これはどこに飾ろうかな

29942511_1474604879315974_283829681_o.jpg

みんながそう思っている?

毎日毎日、いろんなNEWSが飛び込んできますが、私パソコンで最新ニュース見ます。表題(っていうんだっけ?)が強烈なインパクトのあるものが多く、最もインパクトないと、誰も読まんわなー。誰でもそう思う、そう思うに違いない、絶対そう思っているというような書き方!。そう思ってなくても、そう思ってしまう。そしてすっかりその気になってしまう。
いまさら何言ってんの・・・と言われそうだが、昔(でたー!いつのことだよ!)は、もちょっと客観的表現であったように思う。公平感というか、押し付けがましくない表現。それがそうじゃなくなって、「えーっ、そう思わないの?そうじゃないの?それって変でしょ!」と、追いつめられていく。苦しくなって、思わず「そうです」ということになっちゃう。迷うとか選択の余地がない。

言いだしっぺが勝ち!言いきったら勝ち!何でもかんでも押し通したら勝ち!ですね。これって、「主張する」ことと「言い張る」こととの違いみたいなもんで、なんか女性にありがちな感じ。(また女性から非難、あびそう・・・)。言葉って、二面性があるんだけど、その悪い方が相当でしゃばってんなー、そっちが正当化されてんなーと強く感じます。

一人の意見はみんなの意見を代表しているものではない。暗示にかかり、丸め込まれないように気を付けよう!。「詐欺」被害がなくならないのも、その辺にあるように思えます。自分の意見を大切に!

guilty or not guilty

という有名な言葉がありますが、有罪か無罪かということで、白か黒か、右か左か、イエスかノーかであります。ヨーロッパ・アメリカなどは、この辺が非常にはっきりしているように思えます。そうでないと生きていけない環境なのだからだと思います。アンケートや街の声などを見ておりますと、はい、いいえ、そしてどちらともという回答があり、この「どちらとも」というのが圧倒的に多い日本人。
イヤー、そうはいっても・・・とかマーそういうことも・・・とか、ウーンそれほどでも・・・とかが多い。いいんじゃないですかー・・・いいと思いますけどー・・・なんて―のも得意中の得意。

農耕民族である、あった故、周りとともかく協調しないと生きていけなかった民族。そんな背景、DNAは分からないでもないけど、あまりにもいろいろな事があいまい過ぎる。曖昧にしてうやむやにしてしまう。三流のマジックを見せられているような不快感。アー、またですか・・・。ネタはばれてますよ、すっかり見えてますよ!と言っても、本人だけがそのまんま、知らないふりをして・・・ごり押しです。そして、「どうだー」と言わんばかりのしたり顔で、なんと図々しいことに拍手まで要求する。

貴乃・・・親方、佐・・・国税庁長官、安・・・総理大臣をはじめ、様々な有名な方たちがこの「ごり押し」です。早い話が、三流なんです、あんたたち!
一流なのはその「肩書き」だけです。ブランドものひけらかして、一流気取りのアホねえちゃんとおんなじだなー。日本の未来、いや明日が危ない!

「ゆかちぎ」じゃなくて「ゆかち・・・」の麹町パコ

29695426_1798807670156390_8013938432754404802_n.jpg昨日も沢山沢山!!ありがとうございました~!
いやぁ全く朝はどうなる事かと思いましたが・・・
「声が全く出なくなった・・・」という相棒
まぁ初めての事じゃないので驚きませんが・・・

それにしてもこの状況が
更に面白おかしく
黙ってても受けるchiggyは恐るべし!?

そして歌えない喋れないchiggyは
ピッコロにアルトフルートを加えて
三本立てでやって参りました


29597567_1798808033489687_277373979832634866_n.jpgyukaのサクサク進んでしまうMCと
ピーチクパーチクのさえずりの歌に
フルートで色んな表情を加えてくれました
当たり前ですが・・・
流石フルーティストやなぁ

急遽変更したセットリストは
スタンダード楽器演奏に加えて
スペイン語・フランス語・英語・日本語と
yukaの独り占めヴォーカルでしたが
初めてのお客さまにも喜んでいただけて
嬉しかった~!

さてさてドタバタゆかちぎライブの次回も決まりました!
6月27日(水)
週も半ばでお忙しいとは思いますが・・・
また沢山のお越しをお待ちしておりまっす!!


なのは~なばたけ~に♪

ポカポカ陽気のルンルン気分で
音気楽工房の吉村先生とQ☆PIANOで病院コンサートの本日

P1000592.JPGのサムネイル画像

って、今日の暑さはそんなもんじゃなかったね~
あぢ~~~!!!
汗かきかき
春の歌いっぱいやりました

yukaはピアノに歌に
吉村先生もベースにギターに
色んな音が重なり合って
春の風が吹いたみたいな空間になりました
楽しかった!!

29634948_1678692872221741_2126185023_o.jpg




昨日のJUNKセッション

昨日も楽しく終了
初参加の方もいつもの方たちもとっても楽しそうで
みんなのパワーで元気もらいました~!

来月は4/23です
また突飛なアイディアお待ちしておりまっす!!

29573156_1273866406077166_4572637415884046755_n.jpg

桜咲く頃は、怖い・・・

私独自の桜伝説というのがありまして、ズバリ「不調」です。4月生まれが関係しているのか、私はこの時期にいろいろ不調をきたします。胸騒ぎ・落ち込み・悲壮感などの精神面でのトラブル。そして、体調がすこぶる悪化する。
咲く前は案外いいんですけど、それこそ「アーもうすぐ春だよなー」という期待感に胸躍る。ところがいざ咲き始める、どんどん咲いて満開!なんてことになると、突然前述の状態となる。

満開の桜はもちろん美しいし感動的であります。どこかでウキウキもしています。ところが実物をま直に、という状況になると、大げさに言えば逃げ出したくなる。びっしりと咲き誇る花々、いかようにも変化するその色彩、黒々とした角ばった枝振り。怖いんです。昔、桜の木の下には死体が埋まっている、と聴かされたことがあり、その話が大きく影響しているのかもしれません。とにかく怖いんです。木、そのものがなんか植物とは違う独特の生き物に見える。それこそ夜中に動き出すのではないか・・・などと想像してしまう。

できることなら、木の下にござ敷いて「お花見」なんかしたくない。なるべく遠くから眺めていたい。と言うのが私の桜に対する「偏見」であります。お花見を楽しんでいらっしゃる皆様、大変失礼いたしました。

今夜はyuka's音気楽セッションです

桜も大分咲いてきましたね
我が家の悠生桜はまだ咲きませんねぇ
「まだかなぁ、まだかなぁ・・・」
と悠くん・・・

P1000593.JPG

さてそんな春らしくなった今夜は
野毛JUNKでyuka's音気楽セッションです
お天気になって良かった~!!

みんな今夜もいっぱい遊びましょう!!!
野毛JUNK~yukaプロデュース音気楽セッションatJUNK
♪HP http://www.nexyzbb.ne.jp/~nogejunk/
♪Date 3月26日(月)
♪Place 横浜市中区野毛町 2-77 ニックハイムリビュレット野毛104-2F
♪Tel:045‐242‐1433
♪Time 18:30オープン~yukaがクタバルまで??
♪Charge 参加者のみチャージ2000円1ドリンク付き(リスナーさんはチャージはありません。参加者の追加注文はメニュー通りの金額になります。美味しいお料理とお酒が沢山ありますよ!ぜひお酒とお料理と音楽とお楽しみください)
♪Member Pf.幡野友香 (JUNKマスターもギターで参加してくださいます!)


再発防止に努めます。ですか?

この第三者的言い方が流行っておりますが、これって前に述べた「残念だ」という言い方と同じで、単なる言い逃れでしょ。

私のせいではない、当事者ではない。関係者であり責任者でもある立場の人があちら側からのたまう。ひたすら頭を下げ、本当に反省し詫びているかのように見えるが、形だけ。下を向いて「べろ」を出しているのが見え見え。それにしても、必ずと言っていいほど3人が雁首そろえるというスタイルもはやりか?

ことが起こってしまった。それによって尊い命が失われてしまう。失われてしまったものは戻らない。なぜ起こってしまったのか・・・。ほとんどが人為的ミスが原因である。不可抗力で起きてしまったことには、ある意味諦めがつくにしても、明らかに怠慢なミスによって発生したことには大きな怒りしか残らない。当事者が罰せられることは当然のことで、それなりの償いをすることも然り。問題は、そういう管理しかできなかったことであり、関係者全員の責任なのである。それを傍観者のような表現で逃げようとする。ボクのせいじゃないもーん・・・。

もちろん再発してもらっては困るし、対策をしてもらわなくては困る。色んな事故が起こって、その度に犠牲者が出て、そのたびに「努めます」・・・。
では、どのように務めたのか、その結果どうなったのか。何も見えてこない。何も報じられない。そのうち忘れ去られてしまう。そして「風化」。

昨日の事件は過去の物。という恐ろしい時代になった。さっきまでいた人がいなくなっても誰も気がつかない。そのくらい流れが速まっている。
今年の桜、開花がどえらく早いのもそのせいか?せめて、忘れないうちに花見に行きたいものである。



咲いて来ましたね。

IMG_5749.JPG

今日はお花見日和ですね♪

ゆっくりお花見する時間はないけど、みおは駅からの桜並木を楽しんでおります。
さて今日もこれから、ひとっ弾きして来ます。

1234

« 2018年2月 | メインページ | アーカイブ | 2018年4月 »

このページのトップへ