HOME > 音気楽ブログ > アーカイブ > 2018年8月

音気楽ブログ 2018年8月

今夜はこちら!パワフルヴォーカリストNaoeとDUO

珍しくピアノ一本で歌の伴奏のお仕事です
昔は良くやったんですけど
久しぶりにやるのでとっても新鮮な気分で臨みます
38392014_10212397845324840_5285403539189792768_n.jpg
NaoeちゃんとはDUOは初めて
ロックやりたくて東京に出てきたという彼女
そのパワーったら凄いです
ジャズもラテンもロックも何でもやっちゃいますが・・・
今夜はジャズがやりたくてブッキングしたとか???
さてさて
何が飛び出すか楽しみです
東京方面の方ぜひお立ち寄りください

三人のトロンボーン吹きと

昨夜の野毛JUNKはマスターブッキングの
三人の凄腕トロンボーン吹きと共演でした
相変わらず素敵な音がいっぱい
楽しかった~!

40388869_1411156909014781_5411275067696873472_n.jpg

二回目だった今回
私のオリジナル曲もトロンボーン三人用にアレンジしてお届けしました
アレンジ中は頼もしい先輩バストロンボーン(一番右)の堂本さんにアドバイスを頂き
ステキな音になりました
「綺麗な曲ですね~!」
とか
「ビッグバンドアレンジしませんか?」
というお声を頂き
yukaはとっても嬉しくなっちゃいました!!
それもこれも
この凄腕お三方のお陰です
ありがとうございました~

次回は来年かな??



音気楽セッション@野毛JUNKスゴイ熱気でした

昨日は?昨日も?種々雑多な、た~くさんの皆さまと楽しく音楽で遊びました
ノンストップで18時半から23時半まで!!
きゃはは~!!楽しかったね!

いつものお店の常連メンバーの他に
音気楽工房祭の前にと練習に来た音気楽仲間が沢山集いました

音気楽ゴスペルチームがパワー全開
ゴスペルやりたかった常連のTさんも大満足

yuka's音気楽セッションgospel.jpg

ゆか先生の生徒さん+JUNKの常連さんで楽器演奏
みんなだけで何とかなりました
みんな上手くなってる❤
yuka's音気楽セッションinstrumental.jpg

マスター率いるJUNKのスタッフが大集合
マスターの顔
娘と息子を見つめる親の顔になってます
スタッフの子たちをとっても大事にしてるんですね
ゆか先生のとこに習いに来てるスタッフもチラホラ
yuka's音気楽セッションstaffs.jpg

みんな一所懸命頑張って
純粋に音楽を楽しんでる方たちばかりなので
とっても気持ちのいい空間です
この日を狙って遊びに来るリスナーさんもいるんです
昨日はお見かけしたような気がしますが大わらわでお声かけられず。。。
すみません

この素敵な空間を作ってくださるJUNKのマスターとリカさんに大感謝です
来月はお彼岸なのでお休みです
次回は再来月10月22日です
お間違いなく!!


yukaの音気楽セッション@JUNKは明日!!

夏休みボケして時間の感覚がおかしくなってます
気が付いたら明日は第4月曜日
恒例の野毛JUNKセッションやります
来月は祝日のため皆さまとご相談でもしかしたらあるかも?ないかも?

今月は工房祭前だし
音気楽工房の工房祭出演者のみんなも来るかな~?
賑やかに楽しくやりましょう!!

20180424音楽の木 (2).jpg

野毛JUNK~yukaプロデュース音気楽セッションatJUNK
♪HP http://www.nexyzbb.ne.jp/~nogejunk/
♪Date 8月27日(月)
♪Place 横浜市中区野毛町 2-77 ニックハイムリビュレット野毛104-2F
♪Tel:045‐242‐1433
♪Time 18:30オープン~yukaがクタバルまで??
♪Charge 参加者のみチャージ2000円1ドリンク付き(リスナーさんはチャージはありません。参加者の追加注文はメニュー通りの金額になります。美味しいお料理とお酒が沢山ありますよ!ぜひお酒とお料理と音楽とお楽しみください)
♪Member Pf.幡野友香 (JUNKマスターもギターで参加してくださいます!)

旅に出ておりました

昨日夜帰ってきました
今週連絡いただいた方々への返信がスケジュール確認できずパニック状態になってました
すみません

そして今日は朝から山のような洗濯物と
山のようなレッスンと
山のような事務仕事で
一気に現実に戻り
やっと終わったら・・・
ブログ更新する気力がなくなりました

40056742_736230506716165_849616441786236928_n.jpg

旅のお話はまた明日



旅行記 ~完結編~

さて今日こそは完結させます。
(こちら3日前に書いたブログ。ちゃんと公開できていませんでした!汗)

とその前に、イスタンブールの写真をちょっと。
IMG_0700.jpg

こちら、私がお腹を壊す前に食べたケバブ。
日本だとピタパンに挟んでいるケバブをイメージしますが、こちら挾む代わりに
ナンと一緒に食べます。

IMG_0701.jpg

こちら、絵に描いたように泡がのっていますが、ビールではありません!
イスラム教の方が多いので、お酒は飲みません。メニューにもお酒がのっていないレストランがあります。
それでこちらの正体は、ヨーグルトドリンクです。飲むヨーグルトってやつですな。Ayran(アイラン)と言います。
しかし日本の飲むヨーグルトとは違います!日本のはほんのり甘いですが、こちらのは少し塩が入っています。
あのプレーンのヨーグルトにちょこっと塩。全然甘くありません。
こちらの人は、このアイランをよく飲むそうです。

とまあ、イスタンブールを楽しみ、帰ろうって時に、日本での台風で飛行機が欠航になったところまで、前回書きました。
空港に駆け込み、航空会社に日本に帰らなきゃいけないと訴え、「じゃあ上の者に話すから、10分待ってて!」と
20分たっても30分たっても来ない。もうこの国ではそんなの当たり前で、
この時ばかりは、いくらでも待つからとにかく日本に帰るチケットをくれと願った結果、
何とか次の日のフライトをゲットした私たち。
学びました。海外では、待ってたら誰も助けてくれません。本気で主張しないと生きていけない。

さて、次の日、足早にホテルを後にし、空港へ。
もうこの時ばかりは、這ってでも日本に帰ってやると、ものすごい執念で、予定通り飛行機が飛ぶことを願います。
何とか定刻でゲートも開き、飛行機へ。イスタンブール→ドバイトランジット→成田です。
飛行機の中でも、イスラム教の方が、あのトイレの横のちょっとしたスペースで布を持ってきてお祈りをしていました。
文化の違い、目の当たり。

さて、無事にドバイに到着して、ドバイの空港どんななんだろ〜?とワクワクするのも束の間。
予定ではトランジット2時間。ちょっと急がなきゃね?くらいに思っていましたが、
ドバイに着いたのが1時間遅れ。飛行機1時間遅れました。残り1時間・・・。
「ちょっとヤバくない!?ちょっと急がなきゃね!まあ1時間あれば急げば大丈夫でしょう。」
なんて思った私たちが甘かった!!!!!
それは普通の空港なら間に合うかもですが、ドバイの空港は違います。

はい。飛行機降りて走る。結構な距離走る。荷物検査、私と父ちょっと引っかかる。けど無事クリア。
さあゲートはどこだ?走れ走れ。この時夜中の1:30頃です。
成田行きの飛行機離陸まで残り40分。後はゲートに向かうだけ!何とかなるさ!とまだ余裕。
と、ゲートを探し、矢印通りエスカレーターを降りると、そこには静かーなロビーが・・・。行き止まり・・・。
えっ!?!?!?!?
もう私たち、脱出ゲームみたいな感覚で、時間通りに目的地までつけるか!みたいな感じで走ってたんですね。
もうゴールだ!と思ってた時の行き止まり。。。なかなか状況がよめません。
と、そのロビーには、すんごい冷静な顔した空港のお姉さん。必死な私たち。
温度差。。。
その温度差感じながら、事情を説明。
お姉さん「ここからゲートに行くにはバスに乗らなきゃいけないんですね」
バス!?!?
お姉さん「今バス行っちゃったばっかりだから、30分おきにしかバス来ないんですね。
ここからターミナルまではバスで10分くらいです」
!!!!!!!!!!!!!
ってことは残り40分、ギリギリ間に合うか間に合わないかじゃん!!!!
もう心臓バクバクです。夜中の1:30にドバイで!
と、続々と同じようにイスタンブールでフライトキャンセルになってドバイ経由で成田に帰る日本人たちが集まってきます。
総勢20名ほどでしょうか。+外国人数名。
もう待つしかできません。1分でも早くバスが来ますように。。。
心臓バクバクしながら、静かーなロビーで待ちます。
こういう状況でも、日本人やっぱり静かですね。外国人たちは知らない者同士でも
「フライトキャンセルになったし、到着も遅れたし、まったくこの航空会社は・・・」みたいなことベラベラ喋ってるのですが、
我ら日本人、冷静な顔して黙って待ちます。
はい待ちに待ったバス到着!冷静な日本人もバスに駆け込みます。
少し走らせること、バスが渋滞。まったくバス動きません。空港内で渋滞って、どんだけ広いのこの空港!?
みんなが焦り出したところで、バスも動き何とかターミナル到着。

みんな一目散にバスを降りてゲートに向かいます。
A2ゲートはどこだどこだ??A2忘れもしません。
とそこにGateAの矢印が!
ここだ!と向かった先・・・・。

・・・・・駅のプラットホームです。
はい!?!?!?!?
GateA2に行くには今度は電車に乗らなければいけません!!
もぉ〜〜〜〜〜!!!!!
本当にゲームですこれ。リアル脱出ゲーム。
空港のお兄さんも、血相変えて団体で走って来た日本人に「一番前が一番ゲートに近いから前のって!」と。
後1分で電車が来ます。はいこの時もうすでに離陸時間。
日本人、時計を見ながら焦ります。でも何も喋りません。
一駅で到着。
はいドアが開くなり、みんな一斉に飛び出します。
A2どこだ!!
老若男女構わず、みんな猛ダッシュです。
日本に帰れるか帰れないかがかかっております。
しかもみんな一度フライトキャンセルで飛行機を逃した人たちですから、もうその執念はすごいです。
はい夜中の2:40、日本人20名+外国人、ドバイの空港を全速力です。
大きい免税店を横目に、走る走る。
もうね、あれみたいです。
年が明けると、「今年の福男は誰だ!?」ってやつで赤い門が開いたら一斉に本殿まですごいダッシュするやつ。
まさにあれです。
そこに居合わせた、外国人も何事かと、目を丸くして見ていました。

やっとの思いで、A2に到着。みんなゼーゼー言っております。
飛行機、ちゃんと待っててくれました。
あのロビーの冷静なお姉さん。ちゃんと、飛行機のマネージャーに日本人20名がまだバス待ってると伝えていてくれました。
ということで、無事皆乗り込むことができました!
みんなでハイタッチしたいくらいのテンションでしたが、飛行機に乗り込むと、私たち以外の人たちはもうすでに座席に
座って静かーに待っています。夜中の3時近くです。
そこで機内アナウンス。「トランジットのお客様をお待ちしたため当機は30分ほど遅れて離陸いたします」
待ってる人たちため息。鋭い視線がトランジット組に。。。肩身狭っ。。。

そこからは機内静かーに過ごしました。
そして無事に成田に到着し、今に至ります。

今回、人生初の欠航にあたり、やっぱりこういうこともあるんだなーと経験になりました。
特に、誰も知っている人がいない、言葉も通じない、文化も全然違うイスタンブールは良い経験でした。
しかし、もう長期間の旅行はしばらくいいです!もうこりごり!笑
スペインはね、またいつか行きたいと思いますが。
旦那さんにとっては帰省なのでね。家族や友達と過ごす、貴重な時間です。
でも、それもいつになることやら。
しばらくは日本で、静かーに質素に暮らし、一生懸命お仕事したいと思います!
やっぱり日本は暮らしやすい!どこ行っても綺麗だし、清潔だし!特にトイレね!
やっぱり住み慣れた国が一番だと思った旅行でした!
完結!

実家の緑

久しぶりに実家のある多摩センター駅の周辺を歩きました
青葉区も緑がいっぱいあるけど
何だか多摩の緑はもっと深い
匂いが違うんですよね
懐かしい香りがします

悠生くんは相変わらず多摩には良く行ってます
「じぃじのうちはセミが取りやすいんだよねぇ」
と言いながら気が付くとこの通り

39628806_2100249443568421_3596472581353373696_n.jpg

新しい事を始めたくなる?

生徒さんのお問い合わせが多くあるのが
新学期が落ち着いた5月と10月なのですが
何故か今年は夏休み中のお問い合わせが多くありました

今日も入会されて第一回目のレッスンの方や
体験レッスンにいらっしゃった方が・・・

一日賑わいました

入口のグランドピアノの教室では
朝からちびっ子たちのレッスン
昼前から大人たちのレッスン

はい、こちら
手前がちびっ子用 奥が大人用

P1000730.jpg

同じ教室にこんな風景が並んであるのは
音気楽工房ならでは

JUNKファミリーライブでした!

やっぱりお盆が終わると急に秋になります
今日の日差しは強いけれど空を見上げると秋~!!

さてさて、何だかホントに慌ただしくて毎日ブログ更新出来てません
昨日もお知らせもせず慌ただしく出かけたのですが
ひとしきりリハーサル終わり
ちょっとご飯食べに行ってJUNKに帰ってきたら
あらあら、こっちにもあっちにも生徒さんがちらほら
「普段は時間ないから夏休み中に一回せんせ~のライブに行くんだって宣言してましたよ」
と、ある生徒さんの奥さま
せんせ~はホントにホントに嬉しぃぃぃい!!

というわけでJUNKファミリーライブ楽しく盛り上がりました

39269502_1397828600347612_3941353464470175744_n.jpg

JUNKファミリーとは
マスターを中心とする
JUNK出没する回数の多いミュージシャンが集まったバンドなのですが・・・
yukaにとっては大好きなお馴染みのメンバーです

まずはマスター
39216078_1397828777014261_6851562968539201536_n.jpgのサムネイル画像
昔はプロミュージシャンをやっていたこともあるのですが
お店をやりくりしながら
ほぼ練習する時間もない
にもかかわらず
ライブ中にいきなりミュージシャンに引っ張り出されて
いきなり弾きまくる
というかっこいいマスター
兼永陽一郎ギター

このJUNKファミリーライブの時は
ずっとステージです

回を重ねる毎に
昔の感を取り戻してる感じ
音楽に対する真面目さは
元プロミュージシャンを感じます

人間的にも尊敬する
ステキなマスターです!!

39280021_1397828680347604_4741557694790369280_n.jpg





そしてこちら
エレキベース佐藤哲
yukaにとっては毎度毎度ど~も~!です
yuka & chiggyのライブではほぼレギュラーメンバー
JUNKではヴォーカルライブバックや
マスター企画のカーペンターズナイト
同じくロックナイトなどなど
出没率高いベーシスト

ロックやポップスから
ジャズから
キューバ音楽から
ブラジル音楽から
何でもこなしてしまう
頼りがいのある兄さんです
そして歌もいい声してるんです!


39342201_1397828687014270_5158603765170831360_n.jpg


ドラム中川喜博(ヨッシー)
サルサダンサーでもある彼
ドラムからパーカッションから
ベース?から歌?から(ちょっと自信無げな彼です)
彼にかかると
旋律に色んな色が加わってすご~く面白い事になるんです
音楽の幅がと~っても広いドラマーくんです

そして名前の通り
人を喜ばす博士です
楽しませること大好き
だから彼の周りにはいつも楽しい人がいっぱい

JUNKでも
彼のダンスレッスンやってます

39386976_1397828783680927_723335568536109056_n.jpg

そこに本当ならもう一人
ステキなヴォーカリストが
いるはずだったのですが

出張中のため・・・


みんなで歌おうよぉ!!
って言ってたのですが
結局yukaが歌いまくり
哲さんとヨッシーくんに沢山ハモってもらって
遊びまくり~!!

結局私の好き放題やらせていただいたような・・・

皆さんすみません・・・

ここで重要なお知らせ
この楽しいJUNKファミリーの次回のライブは
なんとなんと
マスターのバースデーライブです
お見逃しなく!!
野毛JUNK~マスターバースデーライブ 
♪HP http://www.nexyzbb.ne.jp/~nogejunk/
♪Date 9月3日(月)
♪Place 横浜市中区野毛町 2-77 ニックハイムリビュレット野毛104-2F
♪Tel:045‐242‐1433
♪Time 1st 20:00~ 2nd 21:30~
♪Member Gt.兼永陽一郎 Vo.清水方代 Pf.幡野友香 Bs.佐藤哲 Ds.中川喜博

旅行記 ~完結できなかった編~

ということで、イスタンブールを観光した私たち。
トルコの食べ物と言えば、皆さん何が思いつきますか?
そう!日本でも有名なケバブです!
あー美味しかった!と満足した次の日。
あれれ?お腹の調子が・・・。・・・完全に壊してしまいました。
あたったのではありません。簡単に言ってしまえば、ただの食べ過ぎです。笑
あちらのケバブ、色んな種類のお肉が入っているのですね。
ほとんどはイスラム教ですから皆さん豚肉は食べません。その代わりに他の色んな肉が入っています。
牛・鶏・ラムまで入ってます。お肉のチャンポン、それが原因です。
しかも、スペインではイベリコ豚が有名で、豚をよく食べます。
約2週間、あらゆるお肉を食べ、他にも普段あまり食べ慣れてないものばかり食べて、そりゃ胃もびっくりします。

ということで、イスタンブール最終日は何も食べれませんでした。
何とか乗り切った、最終日。
あとは飛行機乗って帰るだけだし、あとちょっとの辛抱だ、と空港に向かいます。
はいここからが大変!!
フライトチェック。
!!!!!!!!なんと12時間のdelayed.......
日本での台風の影響です。
もともと夜中発の便だったため、空港に着いたのが夜10:30頃。
これから12時間ここで待つの!?
と、すかさず旦那さん、こういう時は航空会社がホテルを手配してくれるから聞いてみよう。と。
聞いたらちゃんと手配してくれました。でも聞かなきゃ手配してくれません。日本みたく親切じゃないのね。
ホテルカウンターには、同じ便に乗るはずのたくさんの日本人や外国人。
空港からみんなバスに乗ってホテルに向かいます。
「近くのホテル」と航空会社の人は言いましたが、それがまた遠い!
はいホテルに着いて、「明日の朝10時にまた迎えにくるから。」ということで
次の日、ロビーで迎えのバスを待ちます。
10時、当然のごとく迎えは来ません。
10分経っても20分経っても、来る気配ありません。
みんな痺れを切らすかって時に、ホテルのお姉さん登場。
「I'm sorry! Your flight is canceled...」
!!!!!!!!!!!
お姉さんも呆れ顔で笑ってます。最低でもあと1日はこのホテルに滞在しなきゃいけないよ。と。
言葉になりません。。。
すぐさま、私は予定していたレッスンをキャンセル。
予定していた生徒さんすみませんでした!
そして丸一日、何も食べていない私はフラフラに。もうホテルで寝るしかありません。
しかし、次のフライトがいつになるんだかも分からないし、本当に日本に帰れるの!?
大げさですが、一生日本に帰れなかったらどうしよー??!!なんて思ったり。
ということで居ても立っても居られずホテルを抜け出し、空港へ。
ありとあらゆる術を使って「日本に戻らなきゃいけないんだ」と航空会社の人に主張して説得して、何とか次の日のフライトをゲット。
しかし、もともとはイスタンブール→成田だったのですが、ゲットしたフライトはイスタンブール→ドバイ→成田。
ドバイトランジット。。。でもそれが一番早く日本に帰れる方法で、もう何でもいいから早く日本に帰してくれ!!という心境の私は、
フライトゲットしただけで一安心。もうその日は本当にクタクタで、ホテルに戻ってゆっくり休みました。

と、またここからさらにドラマがあります。
今日でこの旅行記を完結したかったのですが、もっと長くなりそうなので、次回こそちゃんと完結します!

123

« 2018年7月 | メインページ | アーカイブ | 2018年9月 »

このページのトップへ