HOME > 音気楽ブログ > みお先生ブログ > ピアノとトランペットとベースとドラムで

音気楽ブログ

< 今夜はこちら  |  一覧へ戻る  |  いよいよ >

ピアノとトランペットとベースとドラムで

さあ工房祭までカウントダウン!
ですが、
工房祭の後は、こちら!

2018.9.24.png

またまたトランペットの平野先生、ベースの吉村先生、ドラムの金井塚先生とご一緒させてもらいます!
みおはまた歌いますよー。

白楽にあるイタリアンが美味しいお店です。
お時間ある方はぜひ♪

カテゴリ:

< 今夜はこちら  |  一覧へ戻る  |  いよいよ >

同じカテゴリの記事

いよいよ

明日です!

IMG_0822.JPG

思い切り楽しみましょう!

音気楽工房を気になっているという方、いらっしゃったらぜひぜひお越しください!
他にはない!とっても楽しいお祭りです!
10:10開演!16:30頃まで!

先生達もドキドキワクワクです♪

色とりどりのレッスン

さてあと1週間を切りました工房祭!
先生達もレッスンで最後の仕上げに取り掛かっています!

そんな中、今年は学校の行事と重なって、工房祭に出られないという高校生。
来年は出たいと意気込んでおります。
音楽がとっても大好きで、ピアノはさる事ながら音楽のお勉強もしております。

IMG_0818.JPG

和音のお勉強。
色んな種類があって難しい〜と頭を抱えながらも頑張っていました。

工房祭に出る生徒さんも出ない生徒さんも、
音気楽工房には、色んな目的を持った色んな生徒さんがいます!
色とりどり。

工房祭も色んな演奏が聞けるんだろうな〜
先生達も楽しみにしております!



ここはどこ?

さて先月のとある週末の話。
横須賀にある米軍基地に行ってまいりました。
なんだかフェスティバルがあるとかで、旦那さんと一緒にお仕事でパフォーマンスしてまいりました。

IMG_0799.JPG

こんな感じでステージがあり、色々な企画がありました。

はい。この米軍基地。
もちろん入るのには厳重なセキュリティがあります。
そして入ると、そこはもうアメリカ。
アメリカの大きな街が、日本の中にボンッとある感じです。
日本語は一つもなく、本当にアメリカに来た感覚に陥ります。

旅行記にも書きましたが、スペインでは、スペインなのにイギリス領のジブラルタルに行ったり、
ここは日本なのにアメリカで、もう自分がどこにいるんだか訳がわからなくなりそうです。
特に、このアメリカの日はイスタンブールから帰ってきた次の週だったので、
もう私はどこにいるのでしょう?感覚。

はい。そして日本人と海外の人の違い、またまた実感です。
この日は朝早く、家を出ました。
寝ぼけ眼の旦那さん、車を運転しながら、横須賀を通り過ぎます。
横須賀出口を横目に私「えっ横須賀出口左だよ・・・!?」
旦那さん「あっ・・・」

!!!!!!!!
イライライライライライラ。

はいあと少しで到着しなきゃいけない時間なのに大回り。
急いで次の出口を出て、横須賀まで戻ります。

イライライライライライライラ。

はいもう遅刻確定です。
急いで担当の人に電話します。
そして、やっとの思いで到着。
担当の人が来ます。さぞかしお怒りだろうと思ったら
すごい笑顔で「Hi!!How are you??」と。アメリカ人の女の方です。
遅れてゴメンなさいって言ったら「No No No!! No problem!!」
それも社交辞令とかじゃなくて本当に全然気にしていなくて、
本当におおらかでゆったりしてるな〜と。
朝からイライラした自分がバカみたいで、キョトンと拍子抜け。

アメリカ人のおおおらかさに助けられて、その後は楽しく過ごしましたとさ!

9月といえば

9月に突入!
9月といえば工房祭!
今月のセッションは工房祭色が強かったですね!

講師たちもワサワサしております。
生徒のことやバンドの譜面を用意したり、いろいろです。

私も色んな譜面を広げています。
IMG_0817.JPG

さてラスト2週間、皆さん頑張りましょう〜

旅行記 ~完結編~

さて今日こそは完結させます。
(こちら3日前に書いたブログ。ちゃんと公開できていませんでした!汗)

とその前に、イスタンブールの写真をちょっと。
IMG_0700.jpg

こちら、私がお腹を壊す前に食べたケバブ。
日本だとピタパンに挟んでいるケバブをイメージしますが、こちら挾む代わりに
ナンと一緒に食べます。

IMG_0701.jpg

こちら、絵に描いたように泡がのっていますが、ビールではありません!
イスラム教の方が多いので、お酒は飲みません。メニューにもお酒がのっていないレストランがあります。
それでこちらの正体は、ヨーグルトドリンクです。飲むヨーグルトってやつですな。Ayran(アイラン)と言います。
しかし日本の飲むヨーグルトとは違います!日本のはほんのり甘いですが、こちらのは少し塩が入っています。
あのプレーンのヨーグルトにちょこっと塩。全然甘くありません。
こちらの人は、このアイランをよく飲むそうです。

とまあ、イスタンブールを楽しみ、帰ろうって時に、日本での台風で飛行機が欠航になったところまで、前回書きました。
空港に駆け込み、航空会社に日本に帰らなきゃいけないと訴え、「じゃあ上の者に話すから、10分待ってて!」と
20分たっても30分たっても来ない。もうこの国ではそんなの当たり前で、
この時ばかりは、いくらでも待つからとにかく日本に帰るチケットをくれと願った結果、
何とか次の日のフライトをゲットした私たち。
学びました。海外では、待ってたら誰も助けてくれません。本気で主張しないと生きていけない。

さて、次の日、足早にホテルを後にし、空港へ。
もうこの時ばかりは、這ってでも日本に帰ってやると、ものすごい執念で、予定通り飛行機が飛ぶことを願います。
何とか定刻でゲートも開き、飛行機へ。イスタンブール→ドバイトランジット→成田です。
飛行機の中でも、イスラム教の方が、あのトイレの横のちょっとしたスペースで布を持ってきてお祈りをしていました。
文化の違い、目の当たり。

さて、無事にドバイに到着して、ドバイの空港どんななんだろ〜?とワクワクするのも束の間。
予定ではトランジット2時間。ちょっと急がなきゃね?くらいに思っていましたが、
ドバイに着いたのが1時間遅れ。飛行機1時間遅れました。残り1時間・・・。
「ちょっとヤバくない!?ちょっと急がなきゃね!まあ1時間あれば急げば大丈夫でしょう。」
なんて思った私たちが甘かった!!!!!
それは普通の空港なら間に合うかもですが、ドバイの空港は違います。

はい。飛行機降りて走る。結構な距離走る。荷物検査、私と父ちょっと引っかかる。けど無事クリア。
さあゲートはどこだ?走れ走れ。この時夜中の1:30頃です。
成田行きの飛行機離陸まで残り40分。後はゲートに向かうだけ!何とかなるさ!とまだ余裕。
と、ゲートを探し、矢印通りエスカレーターを降りると、そこには静かーなロビーが・・・。行き止まり・・・。
えっ!?!?!?!?
もう私たち、脱出ゲームみたいな感覚で、時間通りに目的地までつけるか!みたいな感じで走ってたんですね。
もうゴールだ!と思ってた時の行き止まり。。。なかなか状況がよめません。
と、そのロビーには、すんごい冷静な顔した空港のお姉さん。必死な私たち。
温度差。。。
その温度差感じながら、事情を説明。
お姉さん「ここからゲートに行くにはバスに乗らなきゃいけないんですね」
バス!?!?
お姉さん「今バス行っちゃったばっかりだから、30分おきにしかバス来ないんですね。
ここからターミナルまではバスで10分くらいです」
!!!!!!!!!!!!!
ってことは残り40分、ギリギリ間に合うか間に合わないかじゃん!!!!
もう心臓バクバクです。夜中の1:30にドバイで!
と、続々と同じようにイスタンブールでフライトキャンセルになってドバイ経由で成田に帰る日本人たちが集まってきます。
総勢20名ほどでしょうか。+外国人数名。
もう待つしかできません。1分でも早くバスが来ますように。。。
心臓バクバクしながら、静かーなロビーで待ちます。
こういう状況でも、日本人やっぱり静かですね。外国人たちは知らない者同士でも
「フライトキャンセルになったし、到着も遅れたし、まったくこの航空会社は・・・」みたいなことベラベラ喋ってるのですが、
我ら日本人、冷静な顔して黙って待ちます。
はい待ちに待ったバス到着!冷静な日本人もバスに駆け込みます。
少し走らせること、バスが渋滞。まったくバス動きません。空港内で渋滞って、どんだけ広いのこの空港!?
みんなが焦り出したところで、バスも動き何とかターミナル到着。

みんな一目散にバスを降りてゲートに向かいます。
A2ゲートはどこだどこだ??A2忘れもしません。
とそこにGateAの矢印が!
ここだ!と向かった先・・・・。

・・・・・駅のプラットホームです。
はい!?!?!?!?
GateA2に行くには今度は電車に乗らなければいけません!!
もぉ〜〜〜〜〜!!!!!
本当にゲームですこれ。リアル脱出ゲーム。
空港のお兄さんも、血相変えて団体で走って来た日本人に「一番前が一番ゲートに近いから前のって!」と。
後1分で電車が来ます。はいこの時もうすでに離陸時間。
日本人、時計を見ながら焦ります。でも何も喋りません。
一駅で到着。
はいドアが開くなり、みんな一斉に飛び出します。
A2どこだ!!
老若男女構わず、みんな猛ダッシュです。
日本に帰れるか帰れないかがかかっております。
しかもみんな一度フライトキャンセルで飛行機を逃した人たちですから、もうその執念はすごいです。
はい夜中の2:40、日本人20名+外国人、ドバイの空港を全速力です。
大きい免税店を横目に、走る走る。
もうね、あれみたいです。
年が明けると、「今年の福男は誰だ!?」ってやつで赤い門が開いたら一斉に本殿まですごいダッシュするやつ。
まさにあれです。
そこに居合わせた、外国人も何事かと、目を丸くして見ていました。

やっとの思いで、A2に到着。みんなゼーゼー言っております。
飛行機、ちゃんと待っててくれました。
あのロビーの冷静なお姉さん。ちゃんと、飛行機のマネージャーに日本人20名がまだバス待ってると伝えていてくれました。
ということで、無事皆乗り込むことができました!
みんなでハイタッチしたいくらいのテンションでしたが、飛行機に乗り込むと、私たち以外の人たちはもうすでに座席に
座って静かーに待っています。夜中の3時近くです。
そこで機内アナウンス。「トランジットのお客様をお待ちしたため当機は30分ほど遅れて離陸いたします」
待ってる人たちため息。鋭い視線がトランジット組に。。。肩身狭っ。。。

そこからは機内静かーに過ごしました。
そして無事に成田に到着し、今に至ります。

今回、人生初の欠航にあたり、やっぱりこういうこともあるんだなーと経験になりました。
特に、誰も知っている人がいない、言葉も通じない、文化も全然違うイスタンブールは良い経験でした。
しかし、もう長期間の旅行はしばらくいいです!もうこりごり!笑
スペインはね、またいつか行きたいと思いますが。
旦那さんにとっては帰省なのでね。家族や友達と過ごす、貴重な時間です。
でも、それもいつになることやら。
しばらくは日本で、静かーに質素に暮らし、一生懸命お仕事したいと思います!
やっぱり日本は暮らしやすい!どこ行っても綺麗だし、清潔だし!特にトイレね!
やっぱり住み慣れた国が一番だと思った旅行でした!
完結!

このページのトップへ