HOME > 音気楽ブログ > 社長ブログ > おと・音・オト

音気楽ブログ

< yuka & chiggy Special Quartet今年ラストでした  |  一覧へ戻る  |  汚いざます! >

おと・音・オト

今からあなたの世界から「音」が消えてしまったらどうでしょう。無音、宇宙がそうなんでしょうね。耳鼻科の聴力検査室に入ったことがおありかと思いますが、妙な圧迫感があって、それが不安になり恐怖になる。とてもじゃないけど長時間は無理。
日常、特に現代社会は「音」に満ち溢れており、もしもそれらがなくなったときは、かなり戸惑うに違いない。「音」とはいっても自然が織りなす音と人工的に造られた音とはもちろん区別が必要で、人工音に邪魔されて自然の音に触れるチャンスがどんどん少なくなっている。都会で暮らしている人はもしかしたら自然音に触れることもないのかもしれない。生まれた時からすべての取り巻きが人工音だったりするのかもしれない。
音楽の世界もアコースティックからデジタルへ移行しているし、そんな中で育っていくと逆にアコースティックサウンドに違和感を感じたりして・・・。

五感に関する現象が、全てそうなりつつある。聴覚を始め味覚も臭覚も視覚も触覚も全てがデジタルの世界に突入している。感性なるものをデジタル化した段階で、もうすでに感性とは言えないのかもしれない。

一人になった部屋で、TVを消した。他に音源があるとすればそれらも全て消した。もちろん完全な無音状態ではないが、やがて「シーン」という音が聞こえてきた。最初ちょっとさみしい。やがて不安。やけに視覚が忙しく働き始める。耐え切れずにTVをつける。やはり無音は恐怖なのか。付けたTVを消音にする。ドラマが展開していく。映像だけが次々と流れ、しかし感動が伝わらない。消音を解除する。音響のなせる業を思い知らされる。映像に対して音響は調味料であるのか。なければ味気のない料理と同じなのか。だとすれば適正な味付けが望ましいのであって、必要以上のあるいはミスマッチのあるいは過剰な味付けでは台無しになる。そのくらい音響は大事な存在であるわけで、がしかしあまりにも無しつけな音響が多すぎるような気がする。

たまには「無音」の世界に身を置いて感性をニュートラルにしないと、せっかくの映像が過剰な音響に破壊されかねない。無音体験をしましょう。

カテゴリ:

< yuka & chiggy Special Quartet今年ラストでした  |  一覧へ戻る  |  汚いざます! >

同じカテゴリの記事

汚いざます!

生活環境はそれは「きれい」に越したことはない。世にはびこる「ざます」系のおばさんたちはとにかく汚いものを嫌い軽蔑し排除しようとする。そして「きれい」であることが人間の条件であるような言い方までする。

「きれい」であることは実は「汚い」ことの上に成り立っていることで、「汚い」を担ってくれる人がいなければ成り立たない。そういう担ってくれる人をも指しておばさんは汚いというのである。
清掃に関わる人や下水処理に関わる人やごみを収集する人、食肉処理をする人、火葬に関わる人、道路の穴掘りをする人等いわゆる「汚れ」仕事に関わる人がいなければ、「きれい」な生活はできないのである。そういうことを無視して、おおよそ経済的に豊かな層がそういった感情を持つようだ。彼女らは何も知らないし何も見ようとはしない。糞尿をたれるくせに自分はきれいだと思い込んでいる。もしかしたら自分の糞尿は「きれい」だと思っているのかもしれない。

人間が高いところに住むようになってから、ますますそういった傾向が強くなっているようだ。「見下ろす」のである。高みに立って平民を見下ろす。天皇陛下じゃあるまいし。高くなればなるほど、現実から遠ざかるので、ますます真実が見えなくなっていく。世の中が化粧で覆われ、現実が隠されごまかされていることに気がつくはずもない。野菜に泥がついていた!と、怒り狂うのである。

昔はよかったなどと原始に戻ることはできなくても、原点に戻ることはできるはずだ。人間の原点とは何だったんだろうか。とんでもない方向へそれていく迷走台風のように、人類の未来は予測がつかない。予想や予測が付くなんて甘い考えは捨てた方がよさそうだ。

自分の「きれい」のために周りを汚す。人類に未来はない。



親の因果が・・・

成人した?大人?が引き起こす事件。特に最近際立つのが「殺人」であります。その方法も陰湿陰惨なものが多く、ゆがんだ人間性が犯罪の形にそのまま表れるようです。車の中やアパートの一室、倉庫、山中などもちろん他人に見られることのない場所で行われるわけですが、今や「隣は何をする人ぞ」の世の中ですから、えーっこんなところで・・・というような場所で平然と犯罪が行われていく。方法もおよそ人間の仕業とは思えないような残酷極まりないやり方。

もちろん事件ですから、犯したヤツが追及され罰せられる。顔写真も出て(中には中学時代の写真なんかが出たりしてビックリ)。ある程度の履歴も報道されたりする。そうすると、恵まれない境遇であった過去などもくろーずあっぷされたりして、あーこんなだからこうなっちゃったんだろうなー、みたいなことが分かるわけです。虐待されて育ったとか、いじめにあってきたとかそういう過去を引きずって、結果こんなことをしでかした・・・・となるわけです。皆がみんなそうだと言ってるわけではない。

過去に何かなければ、人間、そうそう「悪」にはならない。何等かの愛があれば踏みとどまることができる。劣悪な犯罪を犯すやつには、大人になるまでに恐らくこの「愛」を感じるチャンスがなかったのであろう。そうすると、それは誰のせいなのか?ズバリ、「親」のせいである。親ったって、じゃあ親のいない子はどうなるんだよー!と言いたいあんた。親というのは何も「産みの親」だけのことを言っているのではない。そういう親がいなくたって、育ての親というのがいる。そういうのがいなくたって周りにたくさん大人はいるはずだ。そこまで含めての「親」ということである。

「悪いことは他人事」時代の極みである現代社会。自分の事ばかりで、人の事なんかに構ってらんねーですよね。大そうな偉そうなことを言わせてもらえば、子育ては社会がするもんだ。その社会を育て健全なものしていくのが我々大人の使命だ。というわけで、犯罪人を生み出してしまうことは我々大人の責任であるともいえる。

犯罪を犯した当事者だけを責め罰するのではなく、そういった者を生み出してしまった「親」がもっと責められるべきである。ましてや犯罪者が未成年であった場合などは、連帯責任者として、その「親」が罰せられるべきである。それを学校のせいにしたり、世の中のせいにしたり、私はb知らないなどと、とんでもない親があまりにも多い。あんたらにこの言葉を贈ろう。「親の因果が子に報い」なんだよ!


時が流れていく

去年よりも、先月よりも、先週よりも、昨日よりも、どんどこどんどこ時が流れていく。「川の流れのように」という歌があったがその流れ自体が急流となり激流となっていくようだ。もはや猛暑だった今夏の記憶すらない。北の各地で初霜だの初雪だの、紅葉をめでる間もなく冬支度に気が焦る。
書店・文具店には来年グッズが勢ぞろい。思わず手帳を買った。年賀はがきも頼んだ。「おせち」の早期特別価格予約受付中・・・には毎年のことながら腹が立つ。三段重だか四段重だか知らんが、**のシェフが腕によりをかけて、厳選素材で云々。腕を組んで偉そうにふんぞり返った写真まで・・・。

本日であの忌まわしい「ハロウィン」が終わる。今日のバカ騒ぎの結果、寒々とした明日を迎えることになる。その隙間風を埋めるがごとく様々なイヴェントが待ち受けている。さー次はなんだ。さしあたり3日4日の連休だ。みんなそろって行楽だ。お次は23日からの3連休!やっほーほい!
あっという間に12月。ボーナスだ、宝くじだ、クリスマスだ・・・。やや!もう今年も終わりだ!年越しそば食わなくっちゃー・・・。

そうやってあっという間に2019年。平成も残り少なくなり、次なる元号は?
「激動」「激震」「急進」「急変」「暗黒」「明暗」「未知」「期末」「終末」なんて―のはどうでしょ!

毎年同じことをのたまっておりますが、年末年始は穏やかにのんびり過ごしたいものです。そういうことを今から「予約」したい!

はなかむ人

はにかむ人ではない。鼻をかむ人の事である。いつのころからか日本人、人前で平気で「鼻かむ人」になった。どこでもかしこでも当たり前の権利のような顔をして鼻をかむ。「チーン」というのはまだ可愛げがあるが、「ブービー」というのに至っては耳をふさぎたくなる。特に食事中なんかの時にわざわざこちらを向いてやられると、一気に食欲減退となる。せめて横とか後とか向いてやれよ。ホントなら席を外してやれよ。

外人が平気で人前で場所も選ばず鼻をかむ。映画などでそういうシーンが結構出てきて、日本人がそういうことに感化されたんだと思う。が、大体外人はハンカチで鼻をかんでるわけで、おそらく透明感のあるサラッとした液体であると思われる。涙が鼻に流れてそれを「かむ」事が殆どであるように思われる。その行為はなぜか不快な思いにならない。が、日本人がやると不潔さを感じてしまう。特に風邪ひきによる鼻かみは、粘りとか色まで想像させられてしまう。
「おなら」や「ゲップ」に目くじらを立てる貴女!鼻をかむという行為をもう一度考えてもらえませんかねー・・・外人がやっているのとちょっと解釈が違うように思えるんですが・・・


ハロウィンがどうした

あのバカ騒ぎに苦言を呈す!方はたくさんいらっしゃることでしょう。そもそも何の祭りなのかパーティーなのか・・・。その由来・歴史も知らずに、おそらくは年一回の渋谷における公然破廉恥パーティーだと思ってるんですね。普段は何も発言できない表現できない人達が、仮想?して「仮装」する。別人別物になって表に出る。もー怖いものなんかなくなるわけで、傍若無人!
サングラス・マスク・派手な化粧などと同じ効果で、本当の自分を隠ぺいして堂々と練り歩く。酒や薬(ヤク)にも匹敵するような効果。そして自分を見失って王様・王女様になってしまう。そして始末に負えないのが、あの群集心理。寄ってたかって軽トラックを横倒しにした?バカ騒ぎでは済まないことが起こってしまっている。
集団じゃないとできない、一人じゃ何にもできない、そんな奴だけにはなりたくない。
良いことも悪いことも、一人でやれよ!

このページのトップへ