HOME > 音気楽ブログ > 8ページ目

音気楽ブログ 8ページ目

yukaのスペシャルアレンジ

あの名曲を音気楽工房のゴスペルチームでやりたい

しかも「普通じゃなくてゆか先生のスペシャルアレンジでお願いします!!」と・・・

その話が浮上してから
忙しくて中々手を付けられなかったけれど
いつもその事が頭の片隅にあって
生まれそうだった自分の新曲も
その曲が邪魔して遠のいてしまい・・・

やっぱり早く仕上げてしまおう!ってなわけで
お休みだった昨日
ちょこっと手を付け始めたら・・・
楽しくなっちゃってもう止まりませ~ん

一気に仕上げて
今日最終チェックして出来上がり~!!
自分で言うのもなんだけど
かな~りカッコいいと思う

みんな期待して待っててね~!

DSC02567.jpg

そして昨日の我が家は
気が付くとみんなでこの曲を歌ってる始末
頭から離れないんだよね
名曲の力はスゴイ!!

こんなところにも個性が

月に一回ですが新宿へ行きます。都庁のあたりは道路がやたら交差していて、普通に走っていても知らんうちに地下になったり2階になったり・・・。その地下みたいなところに例の「青テント」が軒を連ねているところがある。道路を挟んでおよそ20軒。其々が実に個性的。骨組みからして相当しっかりできているものもあり、ちょっとやそっとでは壊れそうもない。シートがきちんと張り巡らせれており、玄関らしきものもあり履物がそろえて置いてあったりする。周囲もしっかり整理されており、隣接して小さな物置。なべ・やかん・コップなどが整然と並んでいる。かと思えば、ただ雑然と段ボールが積み重なってその上に骨の折れたビニール傘が乗っかっているだけ、なんて―のもある。どこから入ってどうやって寝ているもんだか想像がつかない。生前?の社会生活の感性がこんなところにもちゃんと出るんですねー。

基本は一人暮らしで、干渉しないというのが原則のような感じがします。が、飯時など車座になって宴会のようになっている光景を目にしたこともあります。結構食べ物、飲み物も潤沢で、あーこれが「都会」のテント暮らしだからなんだなー。

オリンピックを目前に控え町中の整備・整理がどんどん進んでいく。間もなく彼らの「住居」も撤去される運命にあるわけで、果たしてどこへ移り住んでいくのだろう・・・・・

3連休

さて3連休最後だった昨日は、私が高校大学とお世話になった
ピアノの恩師の先生のリサイタルでした。

久しぶりにちゃんとクラシックピアノを聞きました。

IMG_0877.JPG

場所は麹町にある、紀尾井ホール。
とても綺麗な所で、クラシックの演奏会がよく行われています。

クラシックの名曲ベートーベンの「月光」や「ワルトシュタイン」他、とても良いプログラムで、
とても楽しかったです。やっぱり先生は上手い!
70歳でこの大曲達を弾きこなすのはすごいな〜。

久しぶりにクラシックの良い演奏に酔いしれて、夜は用があって新宿へ。

私新宿とか大都会に降り立つの久っっっしぶりで!
まぁ何でしょう!?人も多いし若者多いし、何かどっかの外国来ちゃったみたいな感覚になりました。
「カバン前に抱えなきゃ」みたいな・・・笑
昔はよく遊びに行ったのにな〜
何とも落ち着かない都会でした。

やっぱ、江田周辺が良いな〜





フルートにギターにピアノにパーカッション

昨夜の野毛の街は
三連休のせいか
ジャズプロムナードのせいか
熱気むんむん

そんな中で野毛JUNKは10/8の今日11周年
いつものように盛り上がりました
お越しくださった皆々様ありがとうございました!

yuka & chiggy & YOUという
時々やってるユカチギとマスターのトリオに
今回はyukaのリクエストで
なんとまぁ
ラテン界の有名パーカッショニストの美座”Mizalito"良彦がゲスト出演
きゃはは~!!
楽しいったらありません!!

43400816_1436485819815223_7705136466774458368_n.jpg

控えめで温かいプレイはもちろんですが
美座さんのそんなプレイと同様の温かいお人柄にすっかり惚れてしまいました
そして、先輩捕まえてこういっちゃなんですが・・・可愛い!!
表情がとっても可愛いんです
見てるだけで幸せになっちゃいます

そんなスペシャルYY Quartetとなった昨日も
ジャズやらポップスやらラテンやらオリジナルやら
そして去年に続きDear JUNKというyukaオリジナルの歌ものの曲を
「11年」に歌い替えてJUNKにプレゼントしました

美座さんもユカチギのちょっと変わった世界を面白がってくださった様子

43290982_1600444476723739_2123735124552974336_o (3).jpg

指がたくさん!?

さてyukaはまたすぐJUNK2Daysです
毎日楽しいJUNKです
まだ来た事ない人
ぜひ一回来るべし!!


今夜の音気楽セッションは

工房祭が終わって一息の皆さん

今日はちょっと静か目にゆる~っと
皆さん自由に楽しんでおります
初参加の方もチラホラ

DSC02566.jpg

まだまだやってます

うちの悠生くんも無理矢理引っ張り出して一曲やらせましたが・・・
何でそんなに嫌なのさ・・・



明日はセッション、明後日はゆかちぎ@JUNK

IMG_0868.JPG生憎の雨模様
また台風も来ているし
憂鬱です

でも今週末は晴れそうですね

明日土曜日は音気楽セッションです

そして翌日曜日は
こちら!!
ちょ~楽しみ!!

年に2,3回の企画
yuka & chiggy & YOU
今回は熱帯ジャズ楽団の裏ボスでもあるスーパーパーカッショニストMizalitoさんと共演です
ひょ~!今から楽しみ!!
野毛JUNK~yuka & chiggy & YOU+Mizalito 
♪HP http://www.nexyzbb.ne.jp/~nogejunk/
♪Date 10月7日(日)
♪Place 横浜市中区野毛町 2-77 ニックハイムリビュレット野毛104-2F
♪Tel:045‐242‐1433
♪Time 1st 20:00~ 2nd 21:30~
♪Member Fl.Vo.千装智子(chiggy) Pf.Vo.幡野友香(yuka) Gt.兼永陽一郎(YOU) Perc.美座"Mizalito"良彦

縦文化と横文化

毎日のように車に乗っています。それが偉いわけではないが一応外車です。外車で恐らく一番安いランクの物で、でも燃費は良いし俊敏に反応してくれるし、小さい割にはたくさん積めるし(なんせコントラバスが入っちゃうんですから)。1200CCでほんとに小さい。料金所のおじさんに「軽」とまちがわれた事もあった・・・。
で、なんでそれを選んだのかというとやはり「デザイン」です。かわいくてかっこいい。国産となんか違う。「顔」にホント、表情がある。おはよう、とかよろしく、とか言葉をかけたくなる。野ってみっればまたまたエンジンと会話ができる。
そのデザインなんですけど、外車ってやっぱなんか違うんです。それって単なる「欲目」じゃないの?かぶれてるだけじゃないの?という声が聞こえてくる。

性能も外見も国産車は飛躍的に良くなって、自国の車を差し置いて、外国人が好むようにまでなった。確かに素晴らしいんです。内装や装備なんかは、メイドインJAPANが一番かも・・・。それでいて、デザインがやっぱ違うんです。外車の方がかっこいい!ことは私の場合否定できない。遠くから見て(特に後ろ)どこの車か分からないほど車種も増え、先ほど申し上げた通り国産も素敵な仕上がりになっておりますので、相当よく見ないと外車なのか国産なのか判別が難しい。社名やメーカー(マーク)を見ればそれはそれ、すぐわかるんですけど、その前にそのフォルムから何かを感じる。そしてこれは外車だな、これは国産だよなーっとおおよそ分かってしまう。何でか?

デザインの流れです。縦流れが国産、横流れが外車。どういうことかというと、物事を縦方向に見て暮らしているのか、横方向に見て暮らしているのかの違いなんです。そもそも、日本語の文字は縦並びで外国語は横並びですよね。日常生活がやはり日本は「縦」なんです。従ってデザインも「縦」傾向になる。別な言い方をすると、上下文化と左右文化の違い。

車は横に動くものでありますので、やはり横・左右にもとずいたデザインが合うんです。国産のデザインは、縦・上下に見てみると美しいんです。そういうことを大事にしていきたい。何でもかんでも横文化にしなくても・・・

またやっちまった・・・押しつけアレンジ

来る10月11日
来週の木曜日は中川喜博三重奏@野毛JUNKです!!
そして先日ヨッシーのオリジナルの新曲が上がってきました
「添削お願いします」的な感じでいつもヨッシーが譜面を添付してきます
でチェックすると・・・まぁ色々あるわけです
以前ピアノのアドリブセクションが「つまんな~い」って言って勝手に直して
「サイズ変わんないから譜面いらないよね」って思って
譜面直したところを教えなかったら・・・怒られたし・・・そりゃそうだわな
その後は
勢いでyukaが色々変えちゃうのがバレて
「ちょっとまった~」がかかったり・・・

色々ありまして・・・

今回も迷ったのですが・・・

気に入った曲であればあるほど
やっぱり眺めてると色々欲が出て来てアレンジしたくなっちゃうんですよね・・・
というわけで今回はちゃんと了承を得てアレンジ加えました!

DSC02565.jpg

ヨッシーの乙女な部分が出てる感じのステキな曲です
お楽しみに~

偶数月第2木曜日恒例の中川喜博三重奏
10月も熱いぞ!
野毛JUNK~中川喜博三重奏ライブ 
♪HP http://www.nexyzbb.ne.jp/~nogejunk/
♪Date 10月11日(木)
♪Place 横浜市中区野毛町 2-77 ニックハイムリビュレット野毛104-2F
♪Tel:045‐242‐1433
♪Time 1st 20:00~ 2nd 21:30~
♪Member Ds.中川喜博 Pf.幡野友香 Bs.鈴木健市


純粋にヴォーカルとピアノのDUOでした

いわゆる「うたばん」ってヤツ
昔は毎日のようにやってましたが
今はほとんどないDUOでの歌の伴奏
ロックシンガーを目指して上京してきたという
パワフルヴォーカリストNaoeちゃんと初出演の赤坂G's Barでした

43012825_715379882154281_3499368735204966400_n.jpg

ジャズからポップスからラテンから色々やりました
ピアノ一本で歌伴といえば
いつも自分の伴奏か「ゆかちぎ」なので
他人の伴奏はとっても新鮮
今回2回目のNaoeちゃんとのDUOは前回よりずっと自由になれました
Naoeちゃんのお友達がいたり
会社帰りのグループがいたり
旅行中のニューヨーカーがいたり
後ろ向きでリスナーさんたちの雰囲気を感じるのが何だか面白くって
益々テンションアップ

写真とってくれたTさん
「ずっと後ろ向いてるから・・・」
と終演後一枚

43064433_2184933271721832_669896692086079488_n.jpg

ホントは三人でも撮ったんだけど
Tさんの肖像権の問題でのせませ~ん!
Thanks !

ドン・キホーテ型人生

先日、同期会なるものに出席いたしました。中学卒業後50周年ということで、年齢は皆66歳。男17名、女11名というけっこうな人数の参加がありました。(ちなみに学年2クラスしかない学校でしたので、総勢80人くらいの30人ですから、しかも札幌の学校でしたので、東京での参加率は相当高かったわけです。すぐわかった人もいれば全然わからない人もいた。すぐわかる人は容貌、当時とほとんど変わっておらず驚くばかりで、逆に大変な変貌を遂げてしまった人もこれまたびっくりです。50年=半世紀ですから無理もないわけで・・・。私はというと後者の方で、その代表みたいな感じでした。幹事挨拶・乾杯・歓談と時は流れ、お決まりの各人現況報告タイム!
男性は、ほぼ自分の職歴。なになに会社の部長までいったとか、退職後どこそこへ引き抜かれたとか、引退後は悠々自適だとか・・・。女性は結婚がどうしたどこそこへ転居しただとか、あるいは主人が亡くなってどうしたこうした・・・。そもそもエリートが集まる名門中学でしたから、不幸な人生になってしまった人はほとんどいない。医者やら会社経営やらおえらい役人などが圧倒的。女性もそこそこの器量よし?(服装等おしゃれで高級感ある)で、上流意識顔の人が多い。実際はほんとかどうか知らねえけど・・・。
そんな中で、やはり「浮いている」感がぬぐえない私。エリート意識からは程遠く、あるいは自分には縁のない世界として壁を造り生きてきた50年。皆さんそれなりの「鎧」「兜」を身にまとい、纏うことが人生には必要不可欠であることを知っている人達であって、それらを得るための努力をしそれらに守られて生きてきた人達なんだなー。
私はというと、一切そういう物を否定しながら生きてきた(よく生きてこれたもんだ)。「人の世話にはならん、同じことはしたくねえ」と世に反目しながら、それでいて地道な努力もせず、それってただ突っ張って生きてただけじゃない?・・・という殆どが自画自賛・自己満足を絵にかいたような人生を送ってきたわけである。
だから、そういう集団の中に居ると違和感あるわなー。結局、男連中からは敬遠される存在となる。逆に女性は面白がって寄ってくる。不完全なものをまとい、作戦も計画も目標も誤り、風車に突っ込んで自爆する、まさに「ドン・キホーテ」を地で行っちゃっているわけですよ。少しは利口になったかというと全く反省も学習能力もなく、同じ穴に何回でも落ちる。そういう男です。

楽しきかなこの人生!(周りは大変だー・・・)

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ