HOME > 音気楽ブログ > アーカイブ > 2016年6月

音気楽ブログ 2016年6月

音気楽工房のドラムの先生とピアノの先生と・・・

昨夜はDUO演奏でした

P1000438.JPG

三井ガーデンホテル銀座プレミア16階のKarinという
東京タワーが目の前に見える素敵なBarで
ピアノって書いてありますが
yukaはキーボード
そして本職はドラマーの金井塚先生は
スペースの都合上パーカッションです

最初のステージは静かなバーですが
だんだん混んできて
3ステージ目は平日の夜なのにほぼ満席
流石銀座です

基本的にはBGMですが
音楽好きのお客さまも多いので
リクエストも来たりして

たまにはこんな眺めの良いところでまったりと演奏も
気持ちいいです

ホントにたま~にしか行かないのですが
珍しく来月も続けてあります
今度はなんとTrio
なので、金井塚先生はドラムを持ち込むそうです
楽しみなGigです

銀座Cocktail KARIN~カフェ&バー
♪HP http://www.gardenhotels.co.jp/ginza-premier/restaurant/#anc-karin
♪Date 7月14日(木)
♪Place 東京都中央区銀座8-13-1 三井ガーデンホテル銀座プレミア16階
♪Tel 03-3543-3153
♪Time 20:00~23:30(30分4ステージ)
♪Member Ds.金井塚秀洋 Key.Vo.幡野友香 Bs.山本裕之


昨日のyuka音気楽セッション@JUNKも満員御礼!

またまた、まさかの、満員御礼でした!
「楽しそう」って来られたリスナーさんが入れなくて
お帰りになられた方も何人かいらっしゃったそうです

お越しくださったセッション参加の皆様に
呑みに&食べに来られたリスナーの皆様に
JUNKのマスター&リカさん&さやかちゃんに大感謝!!
皆さま、ありがとうございました~~~~!!!

このセッションを始めて3回目の今回
今度こそは落ち着いて仕切れると思ってたのに
始まったら、あれよ、あれよ、と人数が増えて、yukaの頭パニック状態、、、
気が回らないところ多々ありで、すみません

いやぁ、でも楽しかった!
こちら、リカさんの撮ってくださった写真から・・・
伸びやかな声で歌ってらっしゃったJUNK常連Aさん
亡き師匠モヒカーノ関のお弟子さんだったらしい
クラシック業界で言う同門ってやつですか!?
懐かしいモヒちゃんのとっても?な手書き譜面を持ってきてくれました
「これを読める人は限られてますから~」だって
確かに・・・(-_-メ)

13495313_855299477933863_1814641875837659284_n.jpg

昨日はいつもいらっしゃるメンバーが少な目だったので
ゆる~く始めたら・・・
沢山来てくれた「音気楽軍団!?」
それに、馬車道のお店で伴奏してる昼間練習会のヴォーカルサークルの皆さん(音気楽の生徒さんもいます)
JUNKの常連さんがAwayな感じがするくらい集まってくれました~!感謝!!
その他JUNKの常連さんに楽器参加者の方々がヴォーカルのお友達連れて来てくれたり
友達の輪がまた広がりました

「ゆかちゃんの生徒さんってみんな上手いね~」って言う声を昨日も聞きました
(生徒さんじゃない方もいるんですが・・・)
この3回に集まってくださった皆さんは
音気楽yukaファミリーみたいな感じに見えるのかな?

音楽は「他人と競争するものではない」と私はいつも思ってます
皆それぞれにうまくなりたいと思う
上手くなるという事は
人と競争するんじゃなくて
自分と戦うって事

そういう気持ちを持って純粋にその曲を愛して
純粋に歌って純粋に演奏するから
聴いてる人が気持ちよくなれる
私の周りにはそんな感覚の方が集まってきてるから
「上手い」っていうかきっと「Happy」に聴こえるんだと思うんだ♡なんかスゴイ嬉しい

ここ最近ちょっと心が荒れ果ててたyukaです
だから昨日はみんなの純粋な演奏に
ホントに心が洗われました

すっごい疲れたけど、ストレス0!いいね!ホントの音楽って!!

13516670_855299591267185_8761499914507627491_n.jpg
昨日も色んなジャンルの曲が飛び出しました
なんたってまず一曲目が
オペラ座の怪人の「Think Of Me」だったしね
ジャズのスタンダードはもちろん
ラテンもあったし
クラシックまで!「フィガロの結婚」うひょ~
弾いたことないから完璧初見
しかも下見する暇なし
学生時代の新曲視唱の試験より過酷でありました!?
歌謡曲が出てきて一瞬「スナックJUNK」になったりね

踊り出す人はいるし
リスナーさんも乗りがいいし
やんややんやの大騒ぎ


yukaは次々出てくる40曲を超える様々なジャンルの曲とヴォーカルさんたちの仕切りで頭いっぱい
気が付いたら、ベースSさんとドラムFさんには弾かせっぱなしになってしもうた!
ホントごめんなさい(-_-メ)

とりあえず二回転した後、楽器参加者の皆さんに恒例のyukaの歌伴もやっていただき無事終了~

来月もやります!次回こそもう少し冷静に仕切るぞぉ。。。
皆さまぜひぜひお越しくださいませ~

野毛JUNK~yukaプロデュース音気楽セッションatJUNK
♪HP http://www.nexyzbb.ne.jp/~nogejunk/
♪Date 7月25日(月)
♪Place 横浜市中区野毛町 2-77 ニックハイムリビュレット野毛104-2F
♪Tel:045‐242‐1433
♪Time 18:30オープン~yukaがクタバルまで??
♪Charge 参加者のみチャージ2000円1ドリンク付き(リスナーさんはチャージはありません。参加者の追加注文はメニュー通りの金額になります。美味しいお料理とお酒が沢山ありますよ!ぜひお酒とお料理と音楽とお楽しみください)
♪Member Pf.幡野友香 (JUNKマスターもギターやらドラムで参加してくださいます!)

今日のピアノレッスン

今日はレッスンで海に行きましたーwinksign02

IMG_2696.JPG

クジラになりきったりボールふくらましたりsun
4才の生徒ちゃんおおはしゃぎでしたcherry
さて来週はどうなるかな〜??



今日のピックアップ生徒さん(ジャズピアノ)

とってもお茶目なお兄さん(私から見ると!?)って感じのこの方
毎週末にレッスンにいらしています
先週末に伺ったら
習い始めて2年半だそうです

その間に工房祭も2回出演
今年は完全アドリブを目指して只今奮闘中
これってかなりペース速いです

P1000435 (2).JPG

カメラを向けたら「苦しんでるところを撮ってもらおう」
なんておっしゃってましたが
めっちゃ楽しそう!!

毎回レッスンもリアクションが面白いので笑ってばっかり!
悪ガキがそのまま大人になった感じ?(あ、失礼・・・)
でもね、真面目な話
良い意味でとっても純粋に音楽と向き合っていて
レッスンも素直に受けてくださるので
私の教えたい事をドンドン吸収してくれます
教えてて楽しい生徒さんの一人です

時々全然違う方向で練習してきちゃう事もあるけれど
いつもは一つ教えると
それを応用させて10個くらい出来るようになっちゃう方です
こういうタイプ男性に多いのですが、理系の頭の方が多いからでしょうか・・・

しかも、よくよく伺ったら
ピアノを習った経験は小学生の時に一年ちょっととか
元々バンドでロックピアノをやっていらっしゃってて
ジャズは聴くのが好きだったので
出来るようになりたい、と入会なさいました

でも、いらした時から
CとFとGでなら知ってる曲は何でも弾けちゃう
そして何でもやりたがり~
ベースもちょっと弾けちゃうし
はたまたお祭りのお囃子とかやってたりして

色々手を出してお仕事も忙しくて
お付き合いも忙しくて(二日酔いで休んだこともあったしね~)
そんなに練習する暇ないはずなのに・・・
良く練習していらっしゃるのです
こういう生徒さんに出会うと
やはり上手くなるかならないかは
生徒さんご本人のやる気次第だなぁ、と思います

今年の工房祭も躍起になって頑張るんだろうなぁ
今から楽しみです!!

カチューシャ

あのカチューシャはどこへ行ったんでしょうねー・・・ではなくてあの「渦中者」はどこへ行ったんでしょーねー・・・

あんなに騒がれていた「ますぞえ」さん。辞任した途端、すっかりなくなっちゃいました。跡形もなく・・・。世界はというと、イギリス騒ぎがまっただ中で、そのほかのことはすっかりどこかへ行っちゃった。暫くは、トランプさんも出てこない。北のミサイルもどうした?日本での今は、参院選?オリンピック?じゃなく、さしずめ「池のバラバラ死体」ですか。

余りにもめまぐるしく色んな事が起こるので、それについてくので精一杯なのでしょうか?新製品のように次から次へと出てくる新たな出来事。忙しい。良いことはなかなか起こらないし、広まらない。悪いことはあっという間に駆け巡る。ということは、今に世の中、悪いことばかりなのかもしれない。

あらゆることが、損得感情で動いていく。自分が損をするのは絶対嫌だ!何とか得して終わりたい、逃げ切りたい!。損をしそうだ、と思うと躍起になる、さわぐ喚く。うまく乗り切って過ぎていくと、すっかり忘れる。そんなところかな・・・

あの 渦中者 どこ行ったんでしょーねー  忘れてはいけないんですよ! かつてあなたが「渦中者」であったこともね!

句読点

ブログを書き始めてから、やたら句読点が気になる。読点が・・・と言った方が良いかもしれない。小説の類をたくさん読む。布団に入るや否や、すぐさま文庫本を開くのであるが、一週間に2冊くらいのペース。読点をどんなタイミングで打っているのかが結構気になる。多くてもうっとうしいし少ないと読みにくい。

まったく読点を使わない作家さんがいらっしゃることに気がついた。「筒井康隆」氏の作品に読点が全く出てこないエッセイがある。イヤーびっくり!読点とは、「文章の切れ目に打つ点」としか辞書に載っておりませんので、はっきりとした決まり事ではないのだと思います。要するに、書き手の「親切心」みたいなもんでしょうか?止めどもなくずらずらと書かれると、ちょっと迷ったり間違えたりする。しゃべり方も同じようで、息継ぎなくしゃべられると理解に苦しんだりする。音楽だって休符があるわけで、いったい筒井さんの「読点なし」はドおいうことなのか?   誰か教えてー!

ちなみに、私は、とても、親切、なので、やたら、読点が、多い・・・・はー読みにくー・・・かえって不親切―・・・

昨日は荏田南ゴスペルでした

昨日はパパが夜お仕事だったので
久々に悠くん連れでゴスペルレッスン

悠くん連れだとレッスンも一大イベント

まずは悠生のピアノのレッスン時間の変更を先生にお願いして・・・
丁度夕食の時間にかかるから、ご飯はどうしようか
車がないからどうやって行こうか
待ってる時間は何をしようか

まあ計画しても大体思い通りにいかないんだけどね・・・

晴れたら自転車で行って途中でご飯食べようと計画したら、あのお天気で計画中止

なので、別プランで行動開始
まずはあざみ野まで歩いて行って「シュウマイ弁当」を買う
そして地下鉄に乗って現地に行ってからご飯を食べる

あざみ野まで歩くのもまっすぐ歩かないから時間が読めません
「早く~!」っていうと走って行っちゃうし
かと思えばふてくされて動かないし・・・

走ったり止まったり叫んだり怒ったりふくれたりしながらeda.JPG
弁当も調達して無事現場へ着いた頃には
二人とも手が震えるほどヘロヘロ

でも大体計画通り到着してお弁当も美味しく食べられました

時間になってレッスンが始まると
悠くんは約束の宿題を始めます、が、、、

荏田南のお姉さまたちは皆さん
非常にノリがよろしく
おまけに芸達者・・・
悠くんの茶々にいちいち反応してくださるのです
変顔~、ぎゃ~、ぶ~、ぎゃははは!!!
そして益々図に乗り、宿題が~~~!

レッスンの全てが彼には面白いらしく
体操してても
発音練習してても
歌ってても
いちいち真似して
机に向かっててもブツブツ言いながら・・・
でも宿題何とか終わったみたい

帰りはバスでストレートに江田の駅へ、と思っていたら
近所に住んでるメンバーの方が江田駅近くまで送ってくださり
夜9時過ぎに江田の交差点の陸橋を
「イルミネーションみたいできれ~だね~!」と
テンション高くはしゃいで渡る小学2年生でした




 

身近な名所

あーそういえば、そんな所あったっけー、そんな人いたっけー・・・。「灯台下暗し」じゃないけど、そんなことよくありますよねー。わが町、荏田にも商店会なるものがありまして、江田の歴史を紐解く!「荏田散歩」なるものを発行されてました。普段見過ごされていた神社、お地蔵さん、石碑などが紹介されており、「ホー!」です。物もしかり、人もしかり、今度は是非、人物の掘り起し・紹介をやって頂きたい。

近所ですらそんな具合ですから、ちょっと離れると、日常から忘れられていく。横浜市に住んでいても意外と忘れていたり知らなかったりということが多いですね。
港北区に大倉山という東急線の駅があり、元は「太尾駅」という名称だったそうな。地名も太尾町。あるとき(5~6年前?)駅名も地名も大倉山になりました。小高い山があり、そのてっぺんに「大倉山記念館」なる建物が建っておる。その建物は1932年に長野宇平治設計によるギリシャ風神殿を構えた大建築物であり総工費は数十億円かかったと言われております。実業家として大成功した「大倉邦彦」なる人物が依頼したもので、教育にも大変熱心であった彼が、「当時の思想界・教育界の乱れに警鐘を鳴らすべく若者の教育のために研究所をひらいた」とあります。1981年にその建物は横浜市に寄贈され地所も含め今は市の管理下にあります。梅林の名所にもなっているようです。

御利用になった方もいらっしゃると思いますが、小規模のホールもありまして(80名収容)そこは木造建築になっており、なんと神社建築の木組み工法が用いられたそうな。荘厳に重たいドアを開けると、言葉では言い表せない独特の空間、空気感に包まれます。ステージがあり、中くらいのグランドピアノが静かにたたずんでいる。凛としたたたずまいの中に暖かさを感じさせる、電球の照明。ピアノの前に座ると、繰り広げられた数々の音楽の歴史が聞こえてくる・・・

しばし佇んだのち、ピアノのふたを開けて音を聴く。ゆっくりと会話するように音を拾っていく。走馬灯のように自分の生き様が流れてゆく。戻っていく…あのころに・・・

5月から記念館のピアノのメンテナンス(調律)をお任せいただくことになりました。ありがたやー!

レッスンの合間にお花でも。。。

面白いお花に出会いましたeye

IMG_2685.JPG

写真が横になってしまいましたが、、、coldsweats01
びよんと、縦にのびる「姫蒲」という花です。
野生にある状態では全長2mほどあるといいます。
工房に置いてありますので是非ご覧になってくださいnotes

悠くんの音の世界?!

昨日の絵画教室で書いてきた悠くんの絵

P1000431.JPG
疲れて帰ってきた時にこんな楽しい絵を見て
なんだかとってもほっこりしました
「音の世界」だって
音符の卵の上に指揮者が乗って指揮棒振ってるんだって

うぉ!
この構図も自分で考えたの?
こいつはただモノじゃない~!
と一瞬「親ばか」してたら
ちゃんと見本になったものがありましたとさ・・・

P1000433.JPG

クレパスの蓋の絵
でも面白いところに目を付けてます

ママも毎回こういう楽しげな音を出したいと思ってるんだけどなぁ
仕事となると、なかなか上手く行かないんだなぁ・・・



123

« 2016年5月 | メインページ | アーカイブ | 2016年7月 »

このページのトップへ