HOME > 音気楽ブログ > 社長ブログ > 何だと思ってるんだ!

音気楽ブログ

< ライブ欠場のお知らせ  |  一覧へ戻る  |  今年のyuka's音気楽JUNKセッション終了 >

何だと思ってるんだ!

車の運転をなんだと思ってるんだ。「ブレーキとアクセルを踏み間違えた・・・」。事故を起こした高齢者や女性のドライバーの口からよく聞かれる言い訳。
ハイ―?何とのたもうた?。てめえら免許持ってんだろう、ちゃんと教習所行ったんだよね。アクセルが右でブレーキが左でということは分かってんだよね。一々ペダルを見ながら操作してるわけじゃない。足がちゃんと反応してるはずだよね。それが誤作動を起こす。なぜか?

例えばバックする時、上半身を反転させて後ろを確認することがある。その時に足元があやふやになってブレーキを踏むつもりが、アクセルを踏んでしまった、なんてことは可能性としてはあり得る。簡単なバックだと、それこそバクミラーとバックカメラだけで後方を確認。顔も体も前方を向いている、ということもある。そんな時に踏み間違えることがあるのだろうか・・・。
渋滞で自分の車が止まっている。横の車線の車が動き出したり、反対車線の車が動き出したりした時、ブレーキを踏んでいるはずの自分の車が動き出したような錯覚を覚えることがある。焦って、更にブレーキを踏み込んだりした経験がある。そのような錯覚を起こし、パニックになって踏んではいけないアクセルを踏み込んでしまうといことが考えられる。止まろうと思って逆に走り出してしまったり、つかもうと思って逆に離してしまったり・・・。

何らかの影響で感覚や感性が狂い、間違い・勘違いを起こす。日常至る所にその可能性があってトラブルが起こる。小さな間違いで済めばよいのだが、こと車に関する事での間違いはちょっとしたことでも許されることはない。あってはならない。そのために免許制度があり、更新というチェック体制があり、厳しい法規があり取り締まりがあるのである。ところが、この「踏み間違えた」という言い方が、なんか「踏み間違えちゃったー」みたいな弁解に聞こえる。「ごめんなさーい、しょうがないじゃーん許して―」みたいなニュアアンスを感じる。冗談じゃない!ふざけるな!。挙句の果てに「なんかそんな時にも車が判断して止まってくれなくっちゃー」・・・とか言いそうである。

最近の車、ほとんどがオートマで(オートマってオートマティックの略だってことすら知らない)自動ブレーキ装置だとかパーキングアシスト装置だとか本来人間が意識して実際にやらなくてはいけないことが、どんどん自動化されていく。何年か後には運転も自動化されるということだ。何なんだ。どうしたいのか?

全てが自動化されて、足が退化して座ったままで生活?をする。それで全ての事が成り立つ。というアニメがあった。そういう兆しがあちこちに見受けられるような世の中になってきた。道具を使うという能力で、他の動物にない大進化を遂げてきた人類。それが自動化されることによって。その「道具」から離れそれを捨てようとしている。今、突き進んでいる「進化」とは、本当に「進化」なのだろうか。

道具は使う物であって、使われるようになってしまったら人類が存在する意味・意義がなくなってしまうのではないだろうか。いずれにしても「車」の運転には最大の注意と感性と誠意を!決して車の「せい」にだけはしてはいけない!

カテゴリ:

< ライブ欠場のお知らせ  |  一覧へ戻る  |  今年のyuka's音気楽JUNKセッション終了 >

同じカテゴリの記事

ひねくれ者

名画・名物・名所・名曲・名店などおよそ「名」の付くものに拒絶反応が起こる。優れたもの有名なものに対して、この「名」がつくのである。当然、陽が当たっているわけで、注目されて輝いて絶賛される。逆にあまり陽が当たらない物に目が行く。感動を覚える。日陰の雑草であったり、割れて捨てられた茶碗であったリ、観客のいない大道芸であったり、路地裏のラーメン屋であったり・・・。私にとって、「名」のつくものは雑誌のグラビアでいいのである。きれいに写真撮りをされ、素敵な文章で飾られ、それを眺めているだけで満足なのである。見たり聞いたり食べたりしなくても、満足できるのである。実際に感動があるのは、その陰にある物であったり、なんということのない日常の中にあったりするのである。従って、観光地や美術館や料亭に行っても仕方がないのである。所在がない、落ち着かない、速くその場から立ち去りたい衝動に駆られる。

一流は一流を好む。三流は三流を好むのか?私自身が緩い三流だからなのかもしれない。緩い三流、大いに結構。その中で一生懸命やってます!

つい・・・

忙しったり疲れていたりすると、つい、言葉が乱暴になります。特に親しき仲、夫婦・親子関係においてはそれが顕著であります。その場で思ったことが考えもなく言葉になって飛び出す。仏教の教えだったか御存じの方も多いと思いますが、本年の最終月の中、一年を振り返って、反省・・・

「思考」に気をつけなさい=それはいつか言葉になるから
「言葉」に気をつけなさい=それはいつか行動になるから
「行動」に気をつけなさい=それはいつか習慣になるから
「習慣」に気をつけなさい=それはいつか性格になるから
「性格」に気をつけなさい=それはいつか運命になるから


時は金なり

高所得者向けの雑誌が時々届きます。なぜか・・・?。海外の色んな記事が載っており、それなりに楽しく夢が広がります。広がるだけだけどね。
付録のような冊子に、靴だとか洋服だとかアクセサリーだとかグルメだとかホテルだとか旅行だとか、超高級な感じのものが網羅されており、その価格を見た途端に意気消沈。中には価格表示がなく値段なんて関係ないっしょ!みたいでやーなかんじ。
時計もレギュラーで、相当数のメーカーが登場しておりまして、セイコー・シチズンなんかはまだかわいいもんです。驚くのは輸入物で、60万80万100万なんて―のは当たり前。200や300位で驚いちゃーいけねえよ!一千万超えなんて―のもある異常?な市場。マニアにとってはもはや値段なんか関係ない・・・。

こんな時計をする人ってどんな人なんだろう。身の回りには存在しないもんだから想像もつかない。これってやっぱ「時は金なり」ということなのか?いやいや「時は金成」と言った方がいいのかも。ゴーンさんはいくらくらいの時計をはめているのだろう。

時は平等だー・・・・・・・・。

師走でこそ

とうとうおとといから12月、師走になってしまいました。特に一日の24時間が短くなるわけではないのに、時があっという間に過ぎていく。そして日本人は12月31日を持って本年の終わりとす!。区切りをつけないと気が済まない国民でありますので、何が何でも「年内」なのであります。
焦る、急ぐ、あわてる。そうすると、なんかミスが発生する。落ち着いてやればどうということもないのにドジル。あーやってもーたー!ということでまたまた焦る。更にどうしようもないことになる。
結果的に一番まずいことになるのが「手抜き」です。ちょっとズルしちゃう。それが結果的にとてもまずい方向へ向かう羽目になる。やり直すはめになったり、やり直しても仕上がりがうまくいかなかったり・・・。分かっちゃいるけどやっちまうんですね。

やはり「一手間」が大事なんです。時間にしてほんのわずか、行動にしてほんのちょっとですむ事なんです。それを「マーちょっとだからいっかー・・・」となるんですね。忙しい時ほど「ひと手間」掛けましょう。そしてもっと大事な事、忙しい時ほど「一言」かけましょう。言わなくたって分かってると思った・・・。そこから発生する問題は、ゴマ粒ほどの事がどえらいことになったりするんです。特に近しい間柄、夫婦間で起きる問題は全てこの「一言」がなかったおかげ?ですよ!師走こそ、一手間・一言。乗り切ろう!

身分・肩書き

「慶応大学性がまたまた性犯罪」!、とニュースが騒いでおります。騒いでいるあんたらに聞きますけど、慶大生はみんな紳士なのか、人間として立派なのか・・・。私立では確かに一流と言われております。慶応ボーイとかなんとか言われて頭良くてスマートでかっこいいイメージはありますが、所詮生身の人間であり、たまたま受験頑張って合格しただけのことで、入試をクリアする能力があっただけの事で、その人間性までもが評価されたわけではない。
世の中、そういう勘違いが多くて、++だから**だから間違いない!みたいなとんでもない誤解だらけです。一流企業の社員だから、医者だから、先生だから、弁護士だからと、そういう身分だけで「良い人」だと思い込み勝手に決めつける。その逆に清掃員だから、トラックの運転手だから、建設作業員だからと、そういう身分の人が何かしでかすと「アーやっぱり」みたいなことになる。

物の見方、考え方を変えない限りそういう誤解はなくならない。特に日本人はそういう傾向が強い。だから「詐欺」が横行するのだ。身分・肩書でひとを判断するから、そういう人はころりと「詐欺師」の餌食になるのだ。人の何を信じ何を評価するのか、もう一回考え直した方がいい。

きちんと物を見ない、見えない我ら「にっぽんじん!」すでに世界から見放されつつあることにも気がつかない。気がつかないふりをする。世紀末は最初に日本にやってくるのだろう・・・。

このページのトップへ