HOME > 音気楽ブログ > みお先生ブログ > 春到来

音気楽ブログ

< yukaの音気楽セッション@JUNK楽しかったね  |  一覧へ戻る  |  音の贈り物 >

春到来

今日は良い天気ですね!
桜も良い感じで咲いてきましたね。
今週末はお花見という方も多いのではないでしょうか?
雨降らないと良いですね!

今日は風も強く、暖かく、春って感じですね。
私は洗濯物干しただけで(しかもマスク着用)花粉をめちゃくちゃ感じております。
こりゃマスクの意味ないな。。。
花見もいいけど花粉さえなければな〜

さて今日もこれからレッスン。花粉に負けず行ってきます。

EL15033130dssad_TP_V4.jpg

カテゴリ:

< yukaの音気楽セッション@JUNK楽しかったね  |  一覧へ戻る  |  音の贈り物 >

同じカテゴリの記事

苦戦。。。

こちら。

IMG_1055.JPG

まだ入門編なのですが、だんだん難しくなって来ました。
過去形が出て来て、もう挫折しそう。。。
なんでこんな難しいのでしょう??
スペイン語は主語によって動詞の形が6種類に変わります。
それに現在と過去とまた形が変わります。
しかも、不規則に変わる動詞もいっぱいあって、もう覚えるの大変!!
なんで不規則に変化するの!?
規則変化だけでいっぱいいっぱいな私。

外国人も日本語勉強するのにこんな風に感じるのでしょうか??
スペイン語は特に難しいような・・・。
やっぱりこりゃ時間かかりますな・・・。
コツコツ積み重ねかぁ〜

FineとFine

皆さん Fine なんて読むと思います??
きっと多くの方が英語読みで「ファイン」でしょうか?

実はこれ、イタリア語で「フィーネ」と読みます。
(もちろん英語読みだとファインですが)

クラシックの楽譜では基本的には楽語はイタリア語でかかれています。
ここでフィーネと読めた方は楽譜に強い方かもしれませんね。
Fineはイタリア語で「終わり」の意味です。
Fineが書いてあるところで終わりとなります。

この前のレッスンで生徒さんが「え!?これファインじゃないの!?」と
なったので今日ご紹介して見ました。

Fineはポピュラー譜とかでも出てくるので覚えておくと便利です!
間違ってもファインと読まないでくださいね♪

IMG_1052.JPG


ピアノ譜

先日、生徒のお母さんから嬉しいお言葉をもらいました。

小6の生徒さん、4月から中学生になってレッスンに通えなくなるのでと、
最後のレッスンに来ました。
兄弟で通っていて、ピアノを始めたのは同じ時期。
毎回、発表会では兄弟連弾で出演していました。

んで、2人とも同じレベルなので、そうなるとなかなか良い楽譜がありません。
ピアノの連弾譜ってたいてい先生と連弾する用だかで、どっちかが簡単でどっちかが難しく書いてあります。
んなら自分で作っちゃえ!
ってことで、毎回私が手書きでアレンジして楽譜を作ってあげていました。

IMG_1050.JPG

最後のレッスンに来たお母さんが「この楽譜は宝物です〜!」と。
「こんな2人同じレベルにアレンジしてもらえるなんて、なかなかないので〜」
と嬉しいお言葉をいただきました。
頑張ってよかった。

ということで、音気楽工房では、生徒のレベルに合った内容でアレンジしたり、楽譜を作ったり
そんなことも可能です。
実は、なかなかないんですよ〜そういう教室!

これからも生徒が音楽を楽しんで、満足できるレッスンをしていこうと
改めて思った1日でした♪

ギター界の巨匠

ギターといっても色んなギターもあるしジャンルも様々。
今日お話しするのはフラメンコギターの巨匠、「パコ・デ・ルシア」

フラメンコなんて自分とは全く縁もないと思って、大した興味も持っていなかったのですが、
旦那があちらの国の人なので、それからちょくちょくフラメンコを目にしたり、
フラメンコの音楽を耳にすることが多くなりました。

んで、家では毎晩ご飯の時間にNETFLIXで何か見るのですが、昨日は
「パコ・デ・ルシア〜灼熱のギタリスト〜」というドキュメント映画を見つけ、見てみました。

彼のお父さんもギタリストで、最初はお父さんはパコのお兄さんにギターを教えていて、
パコはそれをじっと見ていたそうですが、お兄さんがあまりの難しさに頭をかきむしって、
「できない〜!!」ってなっている時にパコが一言。「簡単だよ」
「んならお前が弾いてみろ!」とお兄さんに言われギターを持ったのがきっかけ。
初めてで上手く弾け、そこからお父さんはパコにギターを教え始めたそう。
その時パコ7歳。

初めてで、見てただけで弾けるってすごくないですか!?
生まれながらの才能があったんだなーと。もちろんその後の努力も並外れたものじゃないですが。
そしてお兄さんはギターではなく歌い手に。
兄:歌、パコ:ギターで演奏してツアーに回ったそう。

映画の中では、パコが才能や努力について語るところや、ステージに立つ前のことなど
話していてとても興味深かったです。

私はギターについてそんな詳しくないですが、パコデルシアのギターは
情熱的かつとても美しいです。リズムもすごい!
日本人にはない、あのフラメンコのリズム。
とっても面白い。
オレ〜!って思わず叫びたくなっちゃいます。


あと少し

今週は良いお天気が続きそうですね!

昨日歩いていたら見つけました。

IMG_1049.jpg

梅でもなく、桜の種類だと思うのですが、ソメイヨシノではなく。
春の訪れを感じさせますね。
桜の開花まであともうちょっと。
ワクワクしますね。

なんだか春になると、楽器を奏でたくなります♪
ピアノやベースやドラムやヴァイオリンや。。。
ぜひ桜の開花と共に音楽始めてみませんか?

このページのトップへ