HOME > 音気楽ブログ > みお先生ブログ > 人生にボサノヴァを

音気楽ブログ

< 春休みが終わっちゃう!  |  一覧へ戻る  |  すっかり春~Joy Spring~ >

人生にボサノヴァを

さて、まだまだ寒い日が続いていますね。

まだまだ寒いですが、暖かくなって夏が近づくと聴きたくなってくるのが"ボサノヴァ"。
最近またまたNETFLIXで見始めたのが、
ブラジルのドラマ「ビューティフル・シングス〜人生にボサノヴァを〜」という作品です。
1950年代のブラジルの話ですが、所々に心地よ〜いボサノヴァと、ブラジルの風景が流れて来て
うっとりしてしまいます。流れてくるポルトガル語も心地よく、初めてブラジル作品を見ましたが、
ポルトガル語ってとてもキレイな響きですね。
スペイン語と似ていて、旦那さんというかスペイン人は、喋れはしないけどほとんどポルトガル語も理解できるらしいです。
わからない部分もあるらしいですが。
だから、ブラジル人とスペイン人はお互いがお互いの国の言語で喋っても、ちゃんと会話が成立するみたいです。
スペイン人とイタリア人もそう。
なんか面白いですよね。

と話がそれましたが、この作品、まだ3話くらいしか見ていないですが、
どんな音楽が出てくるかワクワクしながら引き続き見てみたいと思います。

ブラジルの海〜
beach-518188_960_720.jpg

カテゴリ:

< 春休みが終わっちゃう!  |  一覧へ戻る  |  すっかり春~Joy Spring~ >

同じカテゴリの記事

見頃

桜が綺麗に咲いていますね!

IMG_1059.JPG

たまプラからの眺めです。
お花見の方も多いのかな?
まだまだ寒いのでお気をつけて!

明日から4月!
なんか色々新たな気持ちですね!
最後の3月、ゆっくり過ごしたいと思います。

春到来

今日は良い天気ですね!
桜も良い感じで咲いてきましたね。
今週末はお花見という方も多いのではないでしょうか?
雨降らないと良いですね!

今日は風も強く、暖かく、春って感じですね。
私は洗濯物干しただけで(しかもマスク着用)花粉をめちゃくちゃ感じております。
こりゃマスクの意味ないな。。。
花見もいいけど花粉さえなければな〜

さて今日もこれからレッスン。花粉に負けず行ってきます。

EL15033130dssad_TP_V4.jpg

苦戦。。。

こちら。

IMG_1055.JPG

まだ入門編なのですが、だんだん難しくなって来ました。
過去形が出て来て、もう挫折しそう。。。
なんでこんな難しいのでしょう??
スペイン語は主語によって動詞の形が6種類に変わります。
それに現在と過去とまた形が変わります。
しかも、不規則に変わる動詞もいっぱいあって、もう覚えるの大変!!
なんで不規則に変化するの!?
規則変化だけでいっぱいいっぱいな私。

外国人も日本語勉強するのにこんな風に感じるのでしょうか??
スペイン語は特に難しいような・・・。
やっぱりこりゃ時間かかりますな・・・。
コツコツ積み重ねかぁ〜

FineとFine

皆さん Fine なんて読むと思います??
きっと多くの方が英語読みで「ファイン」でしょうか?

実はこれ、イタリア語で「フィーネ」と読みます。
(もちろん英語読みだとファインですが)

クラシックの楽譜では基本的には楽語はイタリア語でかかれています。
ここでフィーネと読めた方は楽譜に強い方かもしれませんね。
Fineはイタリア語で「終わり」の意味です。
Fineが書いてあるところで終わりとなります。

この前のレッスンで生徒さんが「え!?これファインじゃないの!?」と
なったので今日ご紹介して見ました。

Fineはポピュラー譜とかでも出てくるので覚えておくと便利です!
間違ってもファインと読まないでくださいね♪

IMG_1052.JPG


ピアノ譜

先日、生徒のお母さんから嬉しいお言葉をもらいました。

小6の生徒さん、4月から中学生になってレッスンに通えなくなるのでと、
最後のレッスンに来ました。
兄弟で通っていて、ピアノを始めたのは同じ時期。
毎回、発表会では兄弟連弾で出演していました。

んで、2人とも同じレベルなので、そうなるとなかなか良い楽譜がありません。
ピアノの連弾譜ってたいてい先生と連弾する用だかで、どっちかが簡単でどっちかが難しく書いてあります。
んなら自分で作っちゃえ!
ってことで、毎回私が手書きでアレンジして楽譜を作ってあげていました。

IMG_1050.JPG

最後のレッスンに来たお母さんが「この楽譜は宝物です〜!」と。
「こんな2人同じレベルにアレンジしてもらえるなんて、なかなかないので〜」
と嬉しいお言葉をいただきました。
頑張ってよかった。

ということで、音気楽工房では、生徒のレベルに合った内容でアレンジしたり、楽譜を作ったり
そんなことも可能です。
実は、なかなかないんですよ〜そういう教室!

これからも生徒が音楽を楽しんで、満足できるレッスンをしていこうと
改めて思った1日でした♪

このページのトップへ