HOME > 音気楽ブログ > 社長ブログ > ドラマチック

音気楽ブログ

< 今夜は銀座でサックス&ピアノのDUO  |  一覧へ戻る  |  神は存在するのか? >

ドラマチック

TVドラマとか映画とかには、必ず音・音楽がつきもので映像を盛り上げるためにはなくてはならない存在であります。音楽が全く挿入されていない映像(ドキュメントなんかによくある)を見ますと、その音がない分、余計に映像に対する想像力が働きます。視覚がより鋭くなり臨場感が増します。映像をより主調するために音・音楽の助けが必要なのでしょうが、それがあることにより何かが何らかの部分が強調されたりあるいは誤解を招く事にもなりかねない。

この音楽を聴くとあの映像がよみがえる、なんてことが起こる。あるいは逆もありこの映像を見るとあの音楽を連想するということもある。切っても切れないご縁なのでしょうか?
それなりに効果的であれば越したことはないのですが、事実より美化されたり、あるいは悪いイメージになったりと音・音楽の与える力は怖い存在でもあります。サスペンス劇場のクライマックスに流れるあの不気味な音、喜びを絶頂に導く歓喜の音楽、悲しみのどん底へ突き落すお涙ちょうだいの音楽など、作者がそこを強調したい意図的な作戦であります。こちらがそれほどでもない状態の時に、その音・音楽によってすっかりその気にさせられる。「はまる」。

今やどこかしこに音・音楽があふれかえって、それがなくなると逆に恐怖感を覚えるのかもしれない。ファミレスの意味のないBGM、駅に流れるさわやか?な軽音楽・トリのさえずりなど、無音になると不安になる事も否定できない。

人生も一つのドラマである。と、よく言われるが、残念ながらそこに音楽はない。少なくとも他から与えられる音・音楽はない。自分の人生をよりドラマティックにするためには、音・音楽が必要であるとするならば、自分の心に自分のための音楽をいつも流す必要がある。振り返ってみると、私はいつも心の中で「そう」していたような気がする。悲しい時にはセレナーデが流れ、うれしい時には歓喜の歌。一生懸命な時にはマーチ…というようにその時その時にいろいろな音楽が流れ、同調してくれていたように思う。音楽はあらゆる意味で私を支えてくれる存在であったわけです。

だとすると、もっともっとたくさんの音楽を知っている方がいいということになりますなー!もっともっとたくさん音楽を聴こうっと!

カテゴリ:

< 今夜は銀座でサックス&ピアノのDUO  |  一覧へ戻る  |  神は存在するのか? >

同じカテゴリの記事

神は存在するのか?

痛ましい痛ましい本当に痛ましい、子供虐待事件。相当かわいい素直そうな優しそうな純粋そうな天使のような笑顔の5歳の女の子が、最悪の父親と最低の母親の仕打ちで衰弱死したと報じられた。その子の写真とひらがなでつずられた日記・・・。涙なくして見ることはできない。ただただ怒りがこみ上げる。その鬼畜にも劣る親(親なんて呼びたくない)を引きずり出し、ぐちゃぐちゃにしてやりたい。どんな罰を与えても足りない。

保護員だかなんか知らんが、訪ねて行ったときにその鬼畜以下野郎に「関わらないでほしい」と言われて、すごすご帰ってきた、ということらしい。その時何らかの手を打っておけば、女の子の命は救われた。鬼畜以下野郎が悪いのは当然だが、すごすご帰ってくるしかなかった奴は悪くないのか・・・。アメリカでは虐待の通報があると、警察官が強制的にその家に突入し、子どもを保護。有無を言わさず親を逮捕、となるのだが、それには賛否両論があり、やれやり過ぎだとかその親の人権の侵害だとかもっともらしい意見が出るのも想定内。が、先ずは弱い立場にある子供の保護が優先されるべきである。能天気な日本人のようにあーだのこーだの議論している間に、子供の命は失われていく。そして「アー、あの時こうしてればよかったんですよねー・・・」と、こうなる。早い話が自分が悪者になりたくない、責任を取りたくない心理が働くから、便宜的な事しかできないのである、日本人は。私もそうかもしれない・・・と言っておかないとあんたらの気が済まないんだよね!

毎日のように報じられる虐待のニュース。相変わらずの後手に回った対応。明日もあさってもそれは続いていく。鬼畜以下野郎について述べ始めるときりがないので今日は言わないけど、「神」は本当に存在するのか?なぜ、子供たちが救われないのか?神も忙しいのか面倒くさいのか・・・。

虐待は社会のひずみの現れである。いじめにしてしかり、世の中の「悪」は全てひずみから生まれる。これが欲に支配された人間の醜い姿であって、今後その傾向が急速に高まっていくことは間違いない。だとするともう救いようがないわけで、人類はそれこそどこへ向かって進んでいこうとしているのか・・・。

もっとひどい犯罪が世界的に起こっている。悪のランキングからすると虐待なんかたいしたことない!なんていう声が聞こえてきそうだ。いやしかし「子育て」は人間の、生き物の原点ではないのだろうか?子孫が反映しなければ地球の未来はない。男と女を造り出したのは「神」であるとすると、その在り方について責任を持ってもらいたい。神よ!ボーっとしてんじゃないよ!目ん玉おっぴらいて現実をしっかり見よ!逃げるんじゃねーぞー!

見えない現実

おととい、福島に行ってまいりました。あの忌まわしい原発事故から早7年。双葉群楢葉町の老人施設様・いわき市内の幼稚園様の2か所に、Q☆PIANOを寄贈させて頂きました。施設の建て替えなどに予算を使い切りPIANOにまでは手が回らない・・・とのことで、なんとかお手伝いができないものか。お寺様を通じて今回の「寄贈」となったわけです。
皆さま、音楽に相当な期待感を持っていらっしゃるのは事実で、ピアノが来ることによって、停滞していた夢とか希望への動きが現実化していく!と、大変喜んで頂きました。色は、緑をお届けいたしましたが、届くまでは「えーっみどりですかー」という感じだったのが木目基調の壁とすこぶるマッチして、あーこの色で本当に良かったとみんなで喜びました。安心感と安定感と安息を与えてくれる色なんだなーと改めて感心。荏田店に実物ありますので、見に来てください。
地元の方のお話から、復興は順調に進んでいるなんていうのは物理的なことがほとんどで、住民の方々の精神面などというものは・・・という感じ。「しょうがないですよね・・・」という雰囲気が漂っていました。「実際その場にいない」私のような者に、その現実が分かろうはずもない。軽々しく「ですよねー」なんて言えない重苦しさが見え隠れする。それでも、そこで頑張って生きていかなくてはならない、その辛抱強さには感服いたしました。むしろとても素敵な笑顔の方がたくさんいらっしゃいました。人間万歳!何て事を久々に感じました。一方、国会で繰り広げられる醜い争い、なすり合い。きれいなスーツ着て素敵なネクタイ締めて、夜は料亭で贅沢三昧。福島の現実など、もはや意識外。復興担当相が適当にやってるからいいんじゃない・・・。オラしらねー。ホントに情けない。でもこれが真実で、現場にいない人には現実は分からない。それはつまり「人の痛みは分からない」ということなんですよね。

高速道路を何台ものダンプがひっきりなしに突っ走っています。フロントに「復興支援・汚染土壌運搬」の旗を掲げて、それこそ元気よく胸を張って走っています。ほとんどが他府県ナンバー。出稼ぎだそうです。地元よりはるかに稼ぎが良いそうです。作物の作れない畑の真ん中に、でかでかと「人手あります!手配します!」**建設株式会社。黄色の看板に真っ赤な文字で・・・。どんな組織がどんな手段で人を集め、どれだけピンハネしているのか・・・などと、その背景を想像するとなんかいたたまれません。災害もビジネス!何でも金・金・金。必要悪というのでしょうね。

年2回ほど伺って、ピアノの保全と小さな音楽会を開かせて頂くことになっております。ささやかですが、音楽の力がお役にたてれば・・・

ほほ=ほっぺたのご挨拶

あの最近よく目にする光景がどうしても気持ち悪い。どこぞの首脳同士が交わす、あの「ほほ」=ほっぺたをくっつけ合うご挨拶。特にアジア人同士のその行為が・・が出そうなほど気持ち悪い。アメリカやヨーロッパなどでは当たり前の挨拶の仕方なのでしょう。彼らのその行為はスマートでナチュラルで何の違和感もない。そんな習慣に感化されたのか、あるいはそういう形でお応えしないと失礼にあたるとでも思ったのか、そうすることが先進の証とでも思ったのか、何処へ行ってもほっぺたをくっつけ合う。何となく腰が引けていてどっちからやったらいいのか戸惑ったりして、誠にみっともない。どうせやらなくてはいけないんだったらもっと練習したらいい。国内で国会や議会などで色んな人と会うときにもやったらいい。なんで日本人同士だとやらないのか。恥ずかしくってできないでしょ!
私の感覚からすると、男同士がほっぺたくっつけ合ったりするのは抵抗がある。いやだ。男と女だったらいいのか・・・。それはいい!なんてこと言うと今度は即「セクハラ」となるよねー。
なんか世の中、どんどんアメリカナイズされていってもう何もかもって―感じ。洋風を取り入れることが先進だと思い込んでる民族なので救いようがないのだが、それらは殆どが表面的であって、根っこが何も変わってない民族がいくら先進を取り込んでみたところで滑稽に映るだけである。

夫人を伴って外遊されるのは構わないが、あの「手」をつないでタラップをルンルンと登る。まるで新婚旅行にでも行くようなにやけた笑顔。それもぜひやめてもらいたい。・・が出そうなほど気持ち悪い。

何もかわんねー日本人

毎日毎日、うっとうしい日が続来ますなーって、梅雨の事じゃない。スポーツ界・政界を中心に繰り広げられる、大人たちの醜い姿・言動。芸能界のスキャンダル。老人の犯罪・事故。若い親たちの虐待子殺し。様々な身勝手殺人。陰湿かつ猟奇的な性犯罪。あらゆるシーンで起こる苛め。自殺。これらが毎日毎日当たり前のごとく報道最前線に並んでいく。そういった報道がない日はない。
もちろんこんな現象は日本に限ったことではないことは言うまでもない。もっと劣悪なことが全世界で起こっているなんて―ことは言わずもがな。

それはさておき、国家・企業・学校・様々な業界を代表する責任のある立場の人物が、そろいもそろって嘘偽りを絵にかいたようなやつばっかり。恥も外聞もかなぐり捨てて保身に走る。何でもかんでもどのような方法をもってしてもごり押し。開き直って押し通す。そうすることに関しては労苦をいとわない。今やTV中継は当たり前の世の中。どこでも誰でも皆が見ている。が、そんなことお構いなし。開き直って口をひん曲げ、薄ら笑いすら浮かべて正当化する。何でもかんでも正当化する。どう見たっておかしいことまで、私が言えば正しいんです!となる。威厳・尊厳なんてもんはもはや過去の遺物。名誉と金だけが彼らの関心ごとで、まさに欲の権化である。自分の欲が満たされればいいんです。

キムさんもトランプさんもプーチンさんだっておんなじじゃない!ってあんたらは言うんですよね!違います。彼らはもっと正直です。俺はこうしたいということをはっきりきちんと堂々と言います。確かに我が儘で勝手です。でも彼らはそれを認めて主張している。そういった意味では、私は彼らを評価します。

安倍さんを筆頭に今まさに旬?の人達、みんなうそつきです。犯罪者です。そしてそういう現象にまーまーとかなーなーとか他人事でいられる我々日本人の大人たちも同罪です。何回も言ってきたけど、所詮農耕民族である日本人は何もかわんねーんです。保身の「くせ」がしみこんでいる。自分さえよければいいんです。どのツラ下げて、子供に説教できるか・・・。微力ながら、なんとかしたい。しようとあがいております。

かんどー

自分に感動しない・できない人は、人を感動させることはできない。自分に感動するってどういうことなのか?自画自賛・うぬぼれ・一人ごちる・自己満足などとは違う。夕焼けなどに感動したりするのは自然が偉大であるからで、絵や音楽などに感動するのもそれらが無条件に素晴らしいからである。例えばじぶんが演奏した音楽に自分が感動する、自分が描いた絵に自分が涙する何て事があったとすると、自分のしでかしたことでありながら、もはや主観を超越して客観的になったあかしである。凡人が時として体験するのは、残念ながら主観的な状態で自画自賛しているだけ。客観的に自身を観察できるようになるためには相当な努力の積み重ねが必要なことで、ちょっとやそっとではその境地に達することはできない。到達した人を見ているとその積み重ね自体半端じゃない。

一日12時間も練習したとか何百回も同じことを繰り返したとか、それこそ寝食を忘れてのめり込む。他の事はどうでもいいというわけではないが、「それ」が最優先となり、それ以外はなくても失ってもいいくらいなのである。例えばそれをやり続けるために食事はいらない、寝る時間もいらない・・・みたいなことになる。半端な気持ちではそうはいかない。三欲に支配された生き方をしている私など、とてもじゃないけどそんな状態にはなれない。従っていつも「自我自讃」の人になりさがる。そして自己満足するのである。たはははは。

最も、もっとひどいのは、すっかり自己をあきらめ見捨てて、「他」だけに走る人。スポーツに親しむのではなく、スポーツ観戦に熱中する人。何時間も並んでパンダを見に行く人。命がけで羽生選手の追っかけをする人等々・・・全ての夢や希望を「他」もしくは「他人」に託すのである。そんな人生楽しいか?
極め付けが、子供にすべてを託す!なんてえことを平然とやってのける無責任な「親」。人は其々が個であり、それぞれが自分に与えられた素晴らしい人生というものに磨きをかけて、それこそ感動しなければいけないんじゃ!人生は神様が下さった素晴らしい送り物。大事にしよう!

このページのトップへ