HOME > 音気楽ブログ > 社長ブログ > ベターで

音気楽ブログ

< 飾らざるを得ない生き物  |  一覧へ戻る  |  七夕さらさら >

ベターで

・・・がベストだと思いますとか、ベストを尽くしますあるいは尽くせ、とかベストセレクションとか、とにかく日本人はこの「ベスト」という言い方が好きやなー。ベストとは最高のとかもっとも良いという意味ですよね。最上・最善・全力という意味もある。

ベストを尽くしますというのは自分で言ってるわけですからいいんだと思います。可能な限り自分の持ってる力を出し切るということですから。が、ベストを尽くせ!という言い方はいかがなもんでしょう。人のことだと思って勝手なこと言うな!あんたに私の何が分かるってんだい!あんたは私かい!・・・と言いたくなる。痛みは他人には分からないのと同じで、今自分がどういう状態でいるのかなんて自分しかわからないわけで、そんなこと他人には分からないのだ。分からないくせに目をキラキラさせてお前はできる、ベストを尽くせ!ってあんたは簡単にいうんだよ。言われた方はどんだけプレッシャーになっていることか・・・。まさに言うは易し 行うは難し。

励ますということは難しいこっちゃなー。いいつもりで言ったことが逆効果になったりもする。どうしたらいいのか?。ベストじゃなくて「ベター」でいいんじゃないんでしょうか。昨日より今日、ほんの少しでも・・・という気持になれれば、言う方も言われる方も救われる。その方が力を出せるんじゃないでしょうか。ベストベストを求めすぎてきた日本人!ちょっと立ち止まって「ベター」でいきましょうー。

うちの教室の先生方、みんなこの「ベター」精神でレッスンしてます。それで皆さんしっかりうまくなってます。自分に「ベスト」を求めるのはいいけれど、相手に何かを求めるときは「ベター」で行きたいものです。



カテゴリ:

< 飾らざるを得ない生き物  |  一覧へ戻る  |  七夕さらさら >

同じカテゴリの記事

飾らざるを得ない生き物

自然は飾らない。というのは実は嘘で、動物も植物も其々工夫を凝らして飾っている。鳥類のオスが美しいのはメスの気を引こうとしているからであり、花々があらゆる色に咲き乱れるのは、昆虫をおびき寄せるためであるということだ。どちらも種の存続のそのために「飾る」事が必要になったわけで、人間の場合はというと?

主の存続のために女性は飾るのか?男をおびき寄せて種を搾取する!。人間も生き物の一種と考えると確かにそうなるのかもしれない。それこそ色とりどりに咲き乱れる女に昆虫のごとく男が群れ集まる。あるいは女を引き付けるために、男は筋肉を鍛え強さという美学を誇示するのかもしれない。

がしかし、動物や植物はそこまでである。種の存続が目的であってそれ以外の物はない。結果子孫が繁栄できれば彼らの飾る目的は終わるのである。さて、そこからが動植物と人間の違いが歴然としてくるわけで、人間のその飾るという目的は延々と永遠に続いていくのである。何のために?その答えは「自分のために」である。女も男も自分を飾らないと生きていけないのである。女は化粧と衣装で、男は見栄と肩書きで!

植物も動物も本来、飾らなくても美しい姿を神から与えられた。人間も元々は美しかったのかもしれない。しかしあまりにも心がよごれ、汚れきってそれを隠すことができなくなった。心の汚れが全部表面ににじみ出てしまった。その姿は醜く異臭まで放つようになった。それを隠すために人間は「飾る」のである。正体を見破られないようにますます飾るのである。本来の目的からおおきくはずれ、ますます飾るのである。化粧の上塗りのようでもはや救いようがない・・・。

アウトドアとは

梅雨がどこかへ行ってしまった。梅雨らしき記憶もない。今夏はまた水不足となり、干からびた貯水池が映し出され取水制限となるのであろうか。そんな中、いっつも腹立たしいのが、というか神経を疑いたくなるのが、バカな親父の「愛車の洗車」である。家の掃除やら何もせん奴が暇に任せて彼の「愛車」を洗う。ご丁寧になんとか洗剤みたいなものを買ってきて、専用の傷をつけない魔法の布かなんかで、いとしげに(奥さんにしてあげたこともないような優しさで)車を洗う。無駄な水を使わないでください!と毎日TVがわめいているのに、この種の親父にはその声は聞こえない。ちょっとあんた、この非常時に洗車しなければならない理由は何か?と聞くと、きょとんとして「オラがオラの水道でなにしたって構わんべ。水道代だってちゃんと払ってるっぺよ!」と言わんばかりの当然顔。そういう考え方が同年代として恥ずかしい。価値観がどこか狂っているとしか言いようがない。

前ふりが長くなりました。こう雨が少ないと元気が出てくるのが夏のレジャー産業。海だ山だプールだキャンプだ!。アウトドアショップにはキャンプ用品が所狭しと並び立つ。テント・タープ・折りたたみチェア・ハンモック・様々な照明器具・様々な調理器具・様々な寝具・・・。あーしてこーしてこうやって快適なアウトドアを!。売り場を見ていると年々ツールやグッズが増えて行く。便利便利、快適快適。

何処へ何しに行くんでしょ・・・。そもそもアウトドアなるものは何もないところから始まるわけで(そんなことわかってるわい!)その不備不便さの中でどうやって「生きて」行くかということが楽しいわけで。いろんな工夫をしながら十分とは言えない状況を逆に楽しむ。によって自然とふれあい話をし、一体となっていくことを感じ取る。子供にとってはかけがえのない体験となるのである。

売り場を歩いてみると、まさに「快適」グッズのオンパレード。ホテルなみの設備?テントも豪華で立派、寝具は羽根布団の寝心地、煙の出ない調理器、四方八方虫避け対策完備、簡単温水シャワーだとー?挙句の果てに、AC電源使えます!その気になって一揃えしようものなら、出発前に30万!。

場所選びのポイントは、近くて自然が豊かでトイレが水洗で風呂もしくはシャワーがあって・・・暑くなく寒くもなく、虫もいず、コンビニがあり、近くに温泉なんかもあったりして―・・・

やめとけー、やめたれー。現場でテントの大きさや食材の豊かさを競い合うような真似だけはやめてくれー・・・。

横領

様々な犯罪事件・事故が毎日飽きもせず報道されておりますが、この「横領」という犯罪も後を絶ちません。小さいものは**百万、大きいものになると数億・数十億なんて―のもある。いったいいくらくらいの金額からこの「横領」という扱いになるんでしょうか。とにかく、公の金を横取りするわけで、その使い道は自身の借金返済、ギャンブル、遊興費、ぜいたく品買いあさりなどでしょうか。最初はちょっとだけ・・・でだんだんエスカレートし感覚がマヒししまいにはどうにもならなくなって見つかる。これ、借金と同じで最初はちょっとだけで始まり雪だるま式に・・・となるわけですね。結構な年配の結構なポジションのいわゆる「エーっあの人が・・・」というパターンが多い。監査にも問題があって金の管理を一人に任せっぱなしで十何年とか言ってますけど、積もり積もって何億円とか言ってるけど、そんな金が消えているにもかかわらず気がつかない、そして何の影響もなく回っているってすごい事だよなー!

うちなんか、「超」零細企業だからそれこそ**万円の単位で経営存続が危ぶまれる。明日どうしよう、来月どうしようとなるんです。母ちゃんの財布からほんのちょっと、数千円「横領」しただけでバレて糾弾されるんですよ!かわいいもんだ、というよりかわいそうだ、私・・・



何をしてそんなに頑張るのか

確か1990年代だったかと思いますが「24時間働けますか!**++」みたいなドリンクだか何だかのコマーシャルがTVでしょっちゅう流れていたように記憶しております。そんなこと言われて煽られて、その後働き過ぎて死に至る「過労死」とか漸く認定されたりする。何のために誰のために頑張ったのか?家族のため?会社のため?国のためですか?。結果、税金を無駄使いしているくだらんヤツラの懐が豊かになっただけでしょ!

最近(また出ました!最近のという言い方)またこのやたら「頑張る」が随所で強調されている。強壮剤=早い話が男性が性的能力を高めたい、母ちゃんのために奮い立たせたい!わけで、すっぽんだの高麗人参だのハブ粉だのニンニクだのの漢方的成分から、アルギニンだの亜鉛だのなんだのかんだのありとあらゆる成分を補給して「あの頃の・・・」に戻るんだと。「妻も驚く!」んだそうだ。いつの世の中も男は大変だ。あれが役に立たなくなるとお払い箱みたいな言い方。ところで母ちゃんの方には問題はないのかい?

他、美肌、美しい髪、スリムなボデー、ふさふさの髪、何処までも歩ける足、ボケない頭・・・・。それらを維持するにはなんちゃらかんちゃら、私いくつに見えます―!40代ですか―?いいえん、80ですう!  化け物か!  世の中は地球は、あんただけの物じゃない。いい加減見切りをつけてさっさとバトンタッチせんかい!

肩書き

「はれのひ」のバカ社長がようやく逮捕という運びになりました。社長というのはいわゆる肩書きですよね。肩書とは社会に対する責任であり「社長」ということになれば特に責任重大なポジションであるはずです。**の長ということになれば、全ての責任を負わなければならないのです。それがどうですか?

「すべては税理士のミスで・・・」とか言い逃れをし、アメリカにトンズラしていたというんだから、もうあきれるほかもない。こいつアメリカで何やってたんだろう。立場も何もごまかして、こっそり残した金で結構いい生活してうまいもん食っていたに違いない。かわいい若い奥さんといちゃいちゃしていたに違いない。「僕は悪くない。ダイジョブ(アメリカにいるとこんな日本語になるらしい)だから心配しないで僕の腕の中でゆっくりおやすみ!」かなんか言ってたんだろうなー。

世の中、この「肩書き」に騙される。銀座のクラブで「先生」と呼ばれている属・類。教授・政治家・医者・弁護士、そして社長をはじめ「長」の付く面々。理事長・学長なんて―のもすごいし、会長なんてえのも相当なワルが多い。子どもを殺しちゃったりする。

極めつけは「組長」ですかね。いやいやこの組長さんなんかは意外とちゃんとしていて、なんせ「任侠」の世界の長ですからあんまり恥ずかしい振る舞いはできない。潔く責任を取る方が多いんじゃないんでしょうか。そうじゃないと「しめし」がつかんでしょ!

「長」だと名乗っている人達!組長に見習って潔く責任取りなさい。腹を切れ!




このページのトップへ