HOME > 音気楽ブログ > 社長ブログ > 自分とまじめに

音気楽ブログ

< 久々のyuka & chiggyライブ@麹町PACO  |  一覧へ戻る  |  宝探し~その3? >

自分とまじめに

どうも日本人は自分とちゃんと向き合っていないような感じがする。特に昭和の中期ころからその傾向が強くなってきたように思いえる。もともと日本人は自分に対して正直だったはずなのだが、高度経済成長に乗っかって人間性に変化が訪れ、差別・区別・見栄・虚勢・競争などの意識が知らず知らずのうちに当たり前になってしまった感がある。遠く江戸時代は日本の文化が最も栄えた時代で、それぞれが立場をわきまえそれぞれに誇りをもって生きていたように思える。そうだ、現代人にはこの「誇り」が欠落しているのだ。プライドという表現で自分自身を大いに勘違いしてる輩のなんと多いことか。確かにプライドという言葉を和訳すると「誇り」と言ことになるのだが、そのプライドという表現の使い方がとてもおかしいのである。イメージとしては、金持ちで高学歴で一流でベンツかBMで奥さんは美人で・・・・てなところか。
確かに世界の大国と肩を並べるような位置になったことは間違いないのだが、物質文化だけが先行し、いわゆる精神文化がついてきていないのである。むしろ後退しているようにも思える。以前にも述べてが、技術点ばかりが先行し芸術点が追いついていかない。芸術点とは何かということがわかっていないようにも思える。
日本人はシャイな民族だとよく言われる。シャイ=恥ずかしがりや・照れ屋・自己表現が下手。良い意味で解釈してもらえればいいのだが、なかなかそうとも言えず、何を考えているのかわからんとかなんで自分を卑下するのか、誠に不思議な民族と思われていることは否定できないし、現在に至っても根本は変わっていないように思える。
自己主張がちゃんとできない民族。それはつまるところ、自分とまじめに付き合っていないからであって、自分自身に対してもまあまあなあなあでいるからなんだと思う。よく外人が強烈に自己主張をしている場面を見かけるが、彼らは自分が信じたことはあくまでも曲げることがない。つまり自分を信じている、まじめに付き合っているからなのである。それゆえ、彼らは意見というものを実にはっきりと述べる。Thinkの解釈が「考える」であって「おもう」ではない。そう考える!のではなく、日本人はそう思いますう・・・なのである。
3歳くらいまではストレート、ダイレクトであったはずなのに成長するにしたがって遠回しになっていく。嘘つきになっていくのである。自分とまじめに付き合っている人は正直で自分をごまかさない。それゆえ誤解されることも多いのだが、やがて彼らは「本物」になっていくのである。自分をごまかして70年近く生きてきた自分が情けなくもあり、そうとばかりも言ってられない、何とかしようともがいている今日この頃の自分です。

カテゴリ:

< 久々のyuka & chiggyライブ@麹町PACO  |  一覧へ戻る  |  宝探し~その3? >

同じカテゴリの記事

小社会がもたらす悪循環

虐待による「子」殺しのニュースをよく耳にする。家庭内暴力(DV)がコロナの蔓延によって、ますますふえていることは確かである。ほとんどが狭い家の中、いわゆる密室の中で起こっているわけで、小さな社会がもたらす人間の錯覚による悲劇である。その錯覚とは何か。家庭という単位は相当におそらく一番小さな社会と考えていいと思う。父親・母親・こども一人という3人家族という構成がかなり多いように思う。あるいは増えつつあるのが、シングルマザーと子供一人。子供を殺してしまう原因のトップは、経済困窮による絶望感。2番目は子供の存在の否定=泣き声がうるさい・なつかない・めんどうくさいなどであるか。母親が留守中に父親が起こす、あるいは孤立した母親が思い余って子を殺める。
どちらも、判断・決断をするのは一人の大人?であり、何の抵抗もできない子が一方的に犠牲になるのである。感情の赴くままに一人で決断されたことはほとんどが最悪の結果を招くことになる。抑えてくれる人がいないし、止めてくれる人もいな。そもそもそこへ至るまでにその人を受け入れて受け止めてくれる人がいないのである。そこからうまれる感情こそが錯覚なのである。自分が正しいと思い込む。自分が法律で自分が大様なのである。
核家族化の産んだ悲劇。他人の入り込むすきのないこの小さな社会。誰に気ずかれることもなく、誤った判断で子が犠牲になっていくのである。

極めるVS極まる

どっちも同じようだが、極めるとは「これ以上ないという状態に至る」ということで、よい意味でつかわれる。極まるとは「これ以上は・・・」と同じ解釈ではあるが、悪い意味でつかわれることが多い。例えば「不都合極まるじゃないか」「失礼極まる話」みたいに使われるのである。
職人が一つの技術を極める、なんてえのはとても感動的なことで、どんな世界でもこの「極める」ということは素晴らしいことに違いない。もちろん誰でもが「極める」ことができるわけではなく、才能と計り知れない努力によって成し遂げられることである。
残念なことに最近の世の中、この「極まる」といいたくなることが目に付いてしょうがない。どこぞの大統領の失言・行動を筆頭に、見本手本にならなければならない人たちが、そろって極まっている。政治家・社長・医者・弁護士・学者・警察官・先生・親・先輩・・・・子供たちがその成長過程において手本となるべき立場の人が、多かれ少なかれその人生において勝手に極まっている。極まることが当然の権利だと思っているように見える。それぞれの立場を(自分に都合よく)放棄しているのである。これはもはや開き直りとしか言いようがない。あるいは無責任「極まる」のである。そりゃあそうしたほうが楽だもんなあ・・・。
なんか世の中みんなその「楽だもんなあ」の方向へ流れて行って、最後に誰が責任取るのだろう。そういった「つけ」をすべて次世代の子供たちが払うことになりかねない世の中。子供の教育より大人の学校が必要なんだなあ。社会人1年生からやり直しだ!

お世話になっております!

事務机に座っていると、一日多いときで5~6件営業の電話が来る。「はい、おきらくこうぼうです」するといきなり「お世話になっておりま――す。ご代表でらっしゃいますかあ!」という元気な、なれなれしい声。以前は「はい、どういうご用件でしょうか?」丁寧にお答えしていたのだが、いい加減慣れてきてうんざり。黙っていると「私、**ソリューション開発システムの++と申しますう!。御社の素晴らしいホームペイジを拝見いたしましてえ、ダダダダダダダダダダ駄々だ」私「シーン・・・」「ただいまたまたま青葉区を営業が回っておりまして、せっかくのチャンスですので、すぐお伺いできますで、ただいまから」「うううるさいわい!だいたいあんた何の会社か知らんけど、おたくを、お世話した覚えはねえよ!」「え、ハハハハハ!本日だけの特典がございまして、ただいますぐ担当者がお伺いできますもんでーーーーー!」
はいそこでおわり。プツン!

いい加減にアプローチの仕方変えたほうがいいんじゃない。お前なんか知らんわい!

極める

これ以上はないという状態に至ることを「極める」というのだそうだ。長い人生の中で、何かを極めたことがない私。極めた人、極めようとしている人を見るにつけ、以前はうらやましいというか畏敬の念を持ったものですが、最近はなんか冷めた感がいたします。ご苦労さん、とか言いたくなる。そういうのを開き直りとか偏屈とかいうんでしょうかね。
私かれこれ40年近く調律の仕事をしておりますが、まったく極まっておりません。同業者にはこの「極める」「極まりたい」人が結構いて、例えば一つの音を造るのに命を懸けたりする。ピアノの音って一音が3本弦で鳴っています。それをち密に合わせる作業をユニゾンというんですけど、そのユニゾンに命を懸ける。一音に2時間も3時間もこだわったりする。ピアノの前に座ったまんま休むこともなく耳をそれだけに傾けて、納得いくまで音造り。最終的にはご本人「極めた」といって一人ごちる。それはそれで結構なことなんだけど、はた迷惑でもある。自分のピアノもしくは時間に制約のない調律ならば、それもいいんでしょうけど、大体が自己満でおわる。始末の悪いことにそういった行為をほめたたえる奴がいたりして、本末転倒なオタッキーな状況を生み出したりする。「究極のユニゾン」なんていう本まで出しっちゃったりして。
そう、この究極という表現があらゆるジャンルで勘違いを引き起こしているわけで、料理の世界なんかでも「究極のだし」なんていう表現をよく耳にするのである。とにかく現代人はこの「究極」がすきなんだねえ。なんか息が詰まりそうだよ。
極めることは決して悪いことではないんだが、何もそこまでやらなくったっていいじゃない、ということが結構ある。私のような半端物には「まあまあ」とか「そこそこ」という言葉のほうが好きだなあ。極めてしまうとそこが「終着駅」で、その先がない。そこまで頑張っちゃうと到達したとたんに「無」になってしまうこともある。そして極めた人は結構「早死に」なんだなー。人生、いろいろあって楽しいわけで、そんな一つのことに執着しなくたっていいじゃない!結局、私は何も極まらない人生をこれからも送っていくのだと思います。適当こそ人生の極意じゃ!適当ばんざーーーーい!

~のための


この度「新内閣発足」となったわけですが、国会議事堂の中をうごめく大勢の議員の群れを見せつけられて、いまさらながらうんざりする。まさに議員のための国会であって、国民のための国会ではない。園長のための幼稚園・先生のための教室・医者のための病院・裁判官のための法廷・シェフのためのレストラン等等。世の中にはいろいろな「ための」があるのですが、いったい誰のためのなのか、主客転倒してしまっている現象が非常に多い。
及ばずながら、小学校のPTA会長2期目となって半年になろうとしている。コロナの影響をもろにかぶってほとんどの活動が中止となり、何もできないうちに時だけが流れ焦りを感じる。早くも来年度の役員選出の時期を迎えようとしている中、相変わらずその選出方法についてもめることあり。従来の選出委員の面談による方法について、委員の物理的、精神的負担が多すぎるというのである。PTAに関しての是非論は今に始まったことではないが、年々否定的な意見が活発となり、廃止してしまった学校もある。その存在役割についてはここで述べることは控えるが、やはり必要であることは間違いないことで、学校運営にとっては欠くことのできない存在ではある。ではなぜ反対意見が多いのか?端的に要約してしてしまえば「面倒」なのである。自分の時間を割いてなんで活動に参加しなければいけないの?なのである。これも主客転倒の最たる例で、そういう考え方は「~のための」という社会生活の原則を振り返るべきなのである。学校のためのPTAではなく「子供」のためのPTAなのである。したがって参加することに意義がある、参加しなければいけないのである。

ダイレクトに自分にメリットがなければ「行動」しない。どうもそんな傾向がますます強くなっていく世の中。あなたは~のために生きているのでしょうか?~のための自分なのでしょうか?

このページのトップへ