HOME > 音気楽ブログ > 社長ブログ > 正論とは

音気楽ブログ

< 明日はYukaの音気楽セッション@野毛JUNK  |  一覧へ戻る  |  ぶちまけ事件!? >

正論とは

あちらがたてばこちらが立たず、ああ言えばこう言う・・・。とにかく正論あれば必ず反論があって、これは当然というしかないのである。登校拒否・出社拒否の話題は毎年この時期になると浮上。今年は9月1日が最も注意が必要であると新聞のコラムにあった。長い休みの間に自分流に出来上がった平穏な日常からいきなりきつい「現実」に引き戻される。たとえは悪いが、ぬるま湯につかっていた状態から冷水、もしくは熱湯をぶっかけられるような衝撃であったり、忘れかけていた忌まわしい過去に引き戻されたりみたいなことで、当事者にとってはよほどつらい瞬間となるのである。逆に、学校が始まることを心待ちにしている子もいるわけで、それは今回カット。

で、学者・評論家・カウンセラーの皆さんがおっしゃるのが「無理しなくていいんだよ!行かなくたっていいんだよ!」である。素晴らしいアドヴァイスで、いい年した私さえ救われた思いになる。残念ながら大人社会ではそれが許され認められることはない。行かなければそれに対する報復がすぐにでも返ってくるわけで、彼は行くべき場所を失うだけである。そこから「次」をさがすことは容易なことではない。やがては引きこもりなどという救われない人生になったりする。もちろんそれは極論ではあるが・・・。「次」を見つけられた人は幸せなことで、それこそ行きたくない所へ「行かなくたっていいんだよ!」なのである。そこの解釈が大事なところでただ「行かなくて・・・」だけでは救われない。大人はその「次」を見つけ出す力を身につけなくてはいけない。その力を身に着けるのが成人するまでの学校の役割ではないのだろうか。

困ったことに、その学校へ行くことができない。第一の理由は「いじめ」であるのか。自分の「移置・居場所」がないのか、全体の流れについていけないのか、あるいは学校生活に全く興味を見いだせないのか・・・。理由や原因が分からない状況で「行かなくたって・・・」は安易に言ってはいけないことだと思う。生きていくということは多かれ少なかれいろいろな壁にぶつかる。それこそ「工夫して頑張ってその壁を乗り越えていく」ことが正論でありその方法を身に着けるのが教育であり指導でありアドヴァイスであるはずなのである。

私の言っていることは正論である。その通りである。だがそこにも大きなまちがいがある。前へ進めず苦しんでいる人に先ず言わなくてはならないことは「行かなくて・・・」なのである。その場で背中を押してあげることではない。それは大きな間違いである。骨折している人を無理やり歩かせるようなものである。まずは止めて休ませる。そこから始まるのである。もしあなたの子供がっ登校・・・になったり兆しがあったりしたら、先ず「ストップ」。そこからです。その方法は親であるあなたの責任です。

カテゴリ:

< 明日はYukaの音気楽セッション@野毛JUNK  |  一覧へ戻る  |  ぶちまけ事件!? >

同じカテゴリの記事

煽る、煽られる

世の中に起こり得るトラブル、どんどん増えて悪化の一途をたどっております。どんどん増えてますます増えていくことは確実で、しまいには「戦争」ということになるのでしょうが、ご承知のように現代戦争は最終的には「核」、ということになるわけで、それこそ地球の破滅・消滅ということになる。そこが最後の抑止力とし働いているのですが、一触即発であることは間違いない。キム・・・という感情だけで生きているようなヤツがいる限りそれは起こり得るのである。
今回、世間を騒がしている「煽り男」それを「煽る女」はこのキム・・・と同類で、まさに自分本位、気に入らないやつはぶっ飛ばす。自分が神でいらっしゃる輩で、始末に負えないのが経済的に超恵まれているということである。金の力でやりたい放題。てめえで稼いだわけでもないのに、いつのまにか王様だ。そいつに乗じて煽りまくっているバカ女との抜群のコンビネーションで悪行はとどまる所を知らない。頭の中はいつも酔っぱらっているか薬でおかしくなっているかであって、正論など一切通用しない。こいつが貧乏人だったら、ここまでの悪行は成り立たない。経済に乗っかった悪行である。

さてこの煽り運転であるが、確かによろしくない。大事故につながる可能性は大で、実際死者が出てしまった事故は記憶に新しい。普段はおとなしいのに、ハンドルを握った瞬間人が変わる・・・という話はよく聞く。車という妙な密室?に入り込むことによって、その人間の隠れた本性、欲望が露出するのであろう。生身の自分ではなしえない特殊な能力を身に着けたような気になる。普通の人間が、マジンガーZに変身!力がみなぎって何でもできる、何でもぶっ飛ばせる、何でも破壊できる。実際、鋼鉄で囲まれて自分では得られないスピードで走り回る能力を身に着けると、その心理は変わるのである。「どけどけ」「ぶっ飛ばすぞー」となるのである。もはや、移動機関ではなく破壊兵器になりうるのである。鬱屈を抱えた奴ほどそうなる傾向が強い。例えば「やくざ」が威圧的なベンツに乗って、我が物顔に走り回る。暴走族にしてしかり。鬱屈は何かのはずみで形を変えて発散されるのである。

殆どの移動手段を車で行っている私。煽られることがしばしばある。高速道路など後方から相当な圧力を感じ緊張感が高まる。車線を変えてやり過ごすのが一番の方法であるが、時としてなんか腹立たしく、やり過ごした後に逆に追随して煽ったり・・・。やられたらやり返すみたいな心境、頭に血が上る。車の運転という行為にはそんな危険がいつも潜んでいる。煽ったり煽り返したりという行為が愚劣極まりないということは十分わかっていながらやってしまうのである。
のろのろ、もたもたしている車を追い立てる。横からいきなり出てきた車に眼飛ばす。横断歩道の歩行者を追い散らす。罵詈雑言をのたまう。運転中の私の偽わざる姿です。やってます。気がつかないうちに表情変わってます。自分の乗っている車が最優先なんです。それこそこの道はおれのためにある!怖い心理状態に陥ります。が、煽られる方にも非がある。運転は極端に言うと戦場に繰り出すようなもので、一旦路上に出たら気を許すことがない。私はそういう覚悟でハンドルを握っています。周りに対する注意力も最大限使っています。なのに、そんな事みじんにも考えずに、へらへら運転しているやつのなんと多いことか。特に女性・おばさん・高齢者。下手くそなお粗末な運転技術で迷惑行為を繰り返す。歩行者なんかも同じ。のほほんと道を横断する、信号を無視する。歩行者としての権利だけを主張する。そんな状況にむかっ腹がたつんです。

トラブルの原因は50%50%なんです。お互いに非がある。もちろんこの「煽り男」のように一方的にそいつが悪いという例もありますが、ほとんどのトラブルはどっちもどっちなんです。お互いに、反省!

人と違ってそれでいい

最近よく目にする、耳にする表現「人と違っていたっていいじゃない」。人と比べるから悩む。それぞれがそれぞれでいいんだよ!私もそうだったけど、今こうやってここで生きています。人と同じでなくてもいいんだよ!。
果たしてそうでしょうか。平均的画一的教育が相変わらずはびこっている日本の文化、民族意識。そのまっただ中にある学校教育。右向け右、前へならへ!と、幼少期から枠の中にはめ込んで、軍隊式な統制を試みる教育?システム。はみ出し者は許さないし認めることはない。それこそ没個性教育でありすべての子供に平均を求める。そのようなシステムで育った親たちも、結局は自分の子供に「平均」を、あるいはそれ以上を求める。社会の大勢がそのような構造になっている中で、安易に人と違ってもいいなんて気安く言い放つ奴の気がしれない。そんな気休めみたいな言い方が、悩んでいる子供を更に追いつめているのである。

人と違って・・・とはなにがどのように違っていいと言っているのか?あるいは違っていいなら、どうしろというのか、そこまで言及しているやつはいない。自分だけ何らかの方法で乗り切ったものだから、気安く言い放つ。もちろん、人は皆違うのだから悩みも違うのだから、固定的な解決法などあり得ないのであるが、少なくともその乗り切った方法をもっと語るべきである。更には、「人と違って・・・」ではなく、逆に「人と同じでそれでいい」ということも言うべきである。人と同じで・・・がまるで罪悪のような言い方にも閉口する。

いずれにしても、社会思想が変わらない状態で、安易に救いのロープを垂らすような真似はしないでもらいたい。しかも、そのロープときたらまるで頼りないあっという間に切れてしまいそうなおそまつなものばかりで。一個人が人を救うなんておこがましい。頂上にたどり着いたものが中腹で苦しんでいる者にかけてあげられる言葉は「人と違って・・・」ではない。それはあなたの自己満足だ。


切れ切れの

TV放送はコマーシャル収益で成り立っているんですよね。NHKを除いては・・・。ドラマなんか真剣に見ていますと10分おきくらいにCMが入る。しかもその数、はんぱねー!。進行上、いいところで必ずと言っていいほど乱入してくるこのくそ野郎!。2つや3っつなら許せるが、7個も8個も10個以上なんてえことも。スポンサーのジャンルもめちゃくちゃ。葬儀屋・ハンバーガー屋・ドリンク屋・薬屋・学習塾や・建売屋・ピザ屋・・・・・・。もう何が何だか分かりません。全てが騒がしい。ガチャガチャ音楽にがーがーがなり立て、ピカピカキラキラギトギト。ドカーン。

はて?さっきのドラマはどこまでいったっけ?ようやく落ち着いた頃、またまたCM。どんちゃんどんちゃん・・・・。今度はまだ5分しかたってないのに・・・。1時間ドラマの半分はCM。そしてCMの後にさっきまでやっていた最後のところをかぶってやり始める。名作も何もあったもんじゃない。切れ切れの放映に集中する事なんか不可能。

3人4人と人が集まる。5人6人と増えていく。一人が何か話始める。他の人が黙って聞いているのはほんの30秒くらい。何かしらんうちに誰かが別の話を始めるのだ。今、Aさんが話し始めたのだ。他の5人はそれを聞いていなくてはならないというシチュエイションであるにもかかわらず、必ずこっそり隣のやつに別な話を始めるやつがいる。特に女性。やがて二つの話が同時に展開して、何が何だか分からなくなる。やがてそれが三つにも四つにもなっていくのである。最初の話はなんだったのか・・・・。
こういうことは恐らく、このTV文化の弊害であると思われる。あっちゃこっちゃで、勝手に音が鳴り出す。しかも一方通行で。集中して人の話を聞こうという意識がとんでいる。家庭の中では、親が子供の言っていること(訴えていること)をちゃんと聞かない。スマホでママ友と話してる最中だから、あとにしてね!TVでいいとこだから後にしてね!眠いから忙しいから疲れているからめんどくさいから・・・・ですか。そんな環境の中で、人の話をちゃんんと聞こうなんていう意識は育たない。前へ前へ、足元なんか気にしてられない。人が内定用が倒れていようが死んでいようが、そんなの関係ない。とにかく前へ前へ!誰も振り返らない世の中。よって、検証とか反省とか見直しとかいうこともない。マグロのようにとにかく酸素を求めて泳ぎ続けるしかない。

人生は細切れではない。ずっと続いていくもののはずだったが・・・。

日常がこわい

日常があってこそ「非日常」ということが存在するわけで、今や日常ということが何なのか分からなくなるほど、日常の変化が目まぐるしい。
日の出とともに目覚め、日が暮れるとともに眠りにつく・・・これが日常・・・・とまでは言わないが、昨日と今日、さっきと今が全然違っていて、当たり前に過ごす時間が無くなっていくと、精神が落ち着かなくなる。昔の田舎の農家などは、それこそ日常の繰り返しで、その上に生活があり人生が成り立っていたように思う。日常のある生活はゆっくいと時が流れていく。しみじみと生きていることを感じる時間が流れていくのである。

都会の生活は、時間が流れるのではなく時間に追われていくのであって、感じたり考えたりする暇がない。恐ろしいことに日常ということで当たり前のことを繰り返していると、置いてきぼりを食ったような感覚になる。家にいて毎日同じことを繰り返していることに不安をかんじる主婦が増えているらしい。本来、家を守ってくれている存在がいてこそ、それが日常というベースになって家族が安心して生活できていたわけで、今やそういった役割の人がいなくなって、日常という安定感が喪失しているのである。従って、よりどころというか落ち着ける場所がないのである。もはや家庭はそういった場所としての役目を果たすことができない状態で、そうするとどこにそういった場所を求めていったらいいのか。

日常があってこそ非日常の価値があるのだが、今や日々の暮らしが非日常の連続で、いざ日常という状態が続くと妙に落ち着かなくなる。変化の中に自分を落とし込まないと不安でしょうがない。当たり前だった日常と、たまにしか訪れない非日常が逆転してしまった。現代人にとっては日常が怖いのである。それこそまさに「怖い時代」になってしまった。目を閉じ、耳をふさぎ、ゆっくり呼吸をする。そんな時間をほんの少しずつ増やしていきたいものだ。

鏡に映るもの

その時の心理状態によって、鏡に映るものが変わる。同じ「顔」を映しているはずなのに、その都度見え方が変わる。ある時はハンサム(今はイケメンというのだった)で若々しいのに、今日は顔色が悪い病人のような自分がそこにいたりする。表情とは心がそのまま表れるもので、写真同様、真実が現れる。怖い。どんなに取り繕っても真実は曲がらない。

それにしても最近、そこに映った自分の真実にがっかりすることが増えた。もちょっと若かったころは、例えば「疲れ気味だなー」とか「エネルギッシュだな!」とか「明るいいい表情」とか「ちょっと暗い落ち込んだ感じ」とかいろいろあって、しかしそれらはある一定の基準を超えてのことであって、つまり自分はまだまだ若くって、齢を感じるなんてことはない中でのことだったはずだ。ところが、最近はその「齢」を感じさせる変化にそこはかとなく気付かされるのである。女性が真っ先に悩む、しわ・くすみ・たるみが男の私にもやたら気になるのである。情けないことだが、鏡の中の自分を見て、真っ先にそういうことが気になる。

これが老化ということなのだろう。つまんだり引っ張ったりふくらませたりしたって、一瞬の効果しかない。何か女性の心理が理解できてきた感がある。チーーーーーん!

このページのトップへ